ブログ

不動産オーナー向け【特殊清掃】は火災が活用できるのか?どんな保証で賄えるのか!?

記事作成日:2021年11月1日

記事監修:矢島 弘子

火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

急に【特殊清掃】が必要になり匂いで近隣に迷惑をかけているからすぐに工事をしてほしい
けども、その費用もバカにならないのでしっかりとどうにかして金額を抑えたい
と思っていませんか?

結論オーナー様や管理会社の火災保険を活用すれば費用が抑えられます。

不動産オーナー向け【特殊清掃】は火災が活用できるのか?どんな保証で賄えるのか!?

 

オーナー様が特殊清掃を必要となるケースは急にやってきます。

管理会社からいきなり連絡があり、入居者に不幸があり管理会社に見積もりを取ったが思った以上に高額で悩んでませんか?

火災保険の汚損・破損で申請ができる

火災保険 証明書 7519536 円承認

日々の暮らしのなかで起こりがちな「うっかり」を補償します!

「子どもが室内で遊んでいるときに、うっかりものを壊してしまった」「掃除中、掃除機をドアにぶつけて破損した」「家具の配置替えをしていて棚を倒してしまい、棚とテーブルが破損した」など、日常生活でのトラブルは絶えません。

建物が保険の対象の場合

うっかり起こしてしまった偶然な事故により建物が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

家財が保険の対象の場合

うっかり起こしてしまった偶然な事故により家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

うっかり破損したものでも、保証になるので【汚損】では字のごとく汚れた場合に保証になります。

その汚れは、予想しなかった汚れになるので、例としてこういったのが火災保険で認定されております。

  • 給排水設備からの漏水が火災保険で使えると知らずに放置していてカビが生えた
  • 入居者が亡くなり、特殊清掃費が必要になった
  • 子供が遊んでいて汚した

という日常生活で可能性があるものが火災保険の対象になります。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

アパート問い合わせは室内と共に外部の風害や雪害も認定されます

タイル剥離

実際に、埼玉県の川越市で特殊清掃費を捻出した建物ですと外部の

地震保険請求損害

台風被害請求損害

がありましたので一緒に請求相談を行い無事120万円前後の保険金が受給できましたので詳しく説明していきます。

地震保険請求損害とは

開口部 クラック

開口部 クラック

地震でものすごい被害がないとおりないと思っていませんか?

地震被害での一部損害が承認されるのは軽微なクラックでも認定されます。

こんなのはどうなの?というのはお問い合わせください

基礎のクラックや外壁だと開口部のまわりにクラックが入りやすい箇所なので

台風被害請求損害とは

任せて安心火災保険

台風被害での請求損害は様々な部位がありますので川越市でのアパートを一例として書きます。

波板の損害

波板工事 火災保険

台風被害以外にも、池袋周辺では【雹】がふったりしています。 西東京でも雹がふり波板に穴があいたので火災保険活用問い合わせが増加しました。

※被害が経年劣化の場合には保険請求をしても0円になりますのでご注意を

屋根に損害があるかも

地震による瓦被害

瓦はずれていても割れていても【すぐに雨漏り】が発生することは珍しいです。 数か月たってから盛ることがあるので定期的なチェックが必要です。

瓦が明らかにずれていればいいですが、瓦を止めている釘やビスの浮きや漆喰欠損なども火災保険請求のしてお金が入金される可能性がございます。

屋根の【漆喰】は火災保険が活用可能です!!

特殊清掃は見積もりの出し方が大事

  • 貴重品の捜索(形見分け)
  • 不廃物の除去
  • 害虫駆除
  • 消臭消毒
  • オゾン脱臭

という内容が業者から見積もりがきた際に、すべてそのまま加入している火災保険会社に提出をすると、鑑定人がきて減額される可能性が高いので気を付けてください。

保険請求はテクニックが必要です。

【火災保険交渉】のやり方解説!鑑定の後でも諦めないで!

火災保険請求では悪徳会社に注意を!!

 

昨今、飛び込み会社で先に工事をして工事後の申請で火災保険がおもっていたよりもおりなくて、揉め事に発生し消費者センターでの相談件数は増えております。

TVでも保険申請をさせない為にミヤネ屋でも火災保険の不正請求が取り上げられております。

【ミヤネ屋の火災保険不正請求】を解説!本当の情報をご覧ください

特にどんな会社が危ないのかは実績から、証明書をあなたの住んでいる近くの地域でもらっておけば安心です。

折角払っている火災保険金額を取り戻しましょう!!

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

PAGE TOP