ブログ

【長崎県佐世保市 台風被害問い合わせ】地震保険請求も可能なひび割れと雨漏りがあり

公開日:2022年7月14日

長崎県では、雲仙や長崎市内でも多くの保険請求相談をもらいます。

毎年の台風被害で毎年平均120万円前後の保険金を受給している地主様もいるので定期点検をオススメしている地域の一つです。

是非あなたも長崎県のお知り合いや、全国対応しておりますので最後までみてもらって長い建物の存続のための保険請求や

現状把握をオススメ致します。

火災保険請求相談センター TOP画像

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

【長崎県佐世保市 台風被害問い合わせ】地震保険請求も可能なひび割れと雨漏りがあり

最初の問い合わせでは最近の台風で雨漏りをしてきたので、保険請求でしっかりと治してほしいとのことでした。

まずはお電話で保険金が受給できる可能性などを探ります。

雨漏りの場合には、困ったことに原因がほぼ特定できたかつ台風などでものが飛んできて穴が空いたところからの漏水などが対象です。

 

全雨漏りの20%ぐらいしか保険会社は認めてくれません。

 

そこでその雨漏り以外にもいろいろと質問をしていく可能性を共有致します。 

 

  • 地震保険に加入しているか? 過去の申請歴はあるか? 地方ですと共済が多いので地震でも見積もり次第で高額認定になります。
  • グーグルマップを見ながら駐車場やフェンスの破損など
  • 過去の損傷
  • 飛び込み会社がくるエリアか? 来た場合にはチョーキング現象などどういった理由で言ってくるか

全ての質問には意味があります。 この業界に精通しているからこそ、お客様との保険金がおりる金額設定が重要になってくるのでそこを見極める質問をさせてもらいます。

概要 火災保険請求相談センターの想いとは

損害保険請求結果画像

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

なぜそんな質問が有効なのか?と思った方はメールやお電話ください。

メールで細かい情報を貰えると嬉しいです。

佐世保市の実際の被害とは

地震直後でお金が155万円変わる

地震による保険金の受給のルールは実際にひび割れが主要構造部に入ったか?どうかです。

震度4以上、震度5以上のエリアなどではありません。 保険には約款(やっかん)という支払い場合・支払わない場合を決めたルールがあります。

地震は画像のように出窓や基礎の開口部に入りやすいので住んでいて問題がなくても、保険金は木造であればほとんどおります。

震度2.3の地域でも実際には一部損害で50万円や80万円認定されております。

関連記事:【動画付き】震度6強の地震が発生し人が家屋に閉じ込められたら…海上自衛隊が佐世保市で救助訓練を公開

雨漏り画像

雨漏りも申請は可能ですが降りるかどうかは保険会社の判断になります。

それ以外の部位で破損や台風被害としての釘浮きや板金浮きなどを探します。

築年数が経過していて弱っている部位は経年劣化判定されやすいです。

しかしサポート会社で熟知しているところはGoogleマップで過去の写真のエビデンスを残したり、今回は保険金が降りなくて次回降りるような保険会社の紹介もあったりしますので

1年以内には被保険者様にとって納得する結果になるでしょう。

保険金がおりた後も重要

保険金額が降りたあとも重要です。

一年で災害があるたびに申請は可能ですし、なんなら2回目以降の方がおりやすいです。

保険会社も前回、鑑定人がしっかりみていて今回被害が拡大した。 別な箇所の被害が広がったとなると支払いをしなくてはいけない状態であるからです。

ここで大きな金額を占めているのが仮設足場です。

2m以上の高所作業では、法律として安全対策をしないといけないのです。

この仮説足場やメッシュシートやトラック代が次回の申請でもおりる裏技ももちろんあるので台風時期には

火災保険請求相談センターの無料養生や簡易無料修繕だけでなく建物申請の相談が一気に増えます。

是非台風が来る前にお申込みをお待ちしております。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

 

 

PAGE TOP