ブログ

【おうちの修理屋さん(一般社団法人自然災害支援協会)】の口コミ・評判・トラブルは?同業目線で解説!

おうちの修理屋さん(一般社団法人自然災害支援協会)

火災保険申請業界はクリアな業界?

火災保険申請サポートの業界に限った話でないですが、同じサービスを行っている会社でもサービスの質はかなりばらつきがあります。

特にコンサル業などの無形の営業は実物物があるわけではなく、比べようがない為良質な会社を見極めるのは、業界内の知識がないと困難と言えます。

火災保険申請サポートを行っている会社は年々増え続けています。

会社が増え競争が加速すれば、お客様の満足度を上げるため、サービスの質を良くしたり、サービス自体の料金(火災保険申請サポートでいうと手数料)が下がったりと。エンドユーザーにとってもメリットは多いです。

しかし、手数料競争などがさらに加速すると、サービス自体のクオリティーの低下や、サイト内で承認金額をかなり高額に謳ったり、中には壊して申請などする悪徳業者もあり、それを容認すればお客様も詐欺罪に問われることもあるため、会社は慎重に選ぶべきです。

同業の解説は以前も行っていますが、今回は【おうちの修理屋さん(一般社団法人自然災害支援協会)】について取り上げていきます。

【関連記事】

 

会社のチェックはまずは会社概要をチェック

飛び込みの勧誘や、テレアポ、広告などの会社が安心できる会社なのか不安になったことは誰でもあるかと思います。

そんなとき1番お手軽でなおかつ確実な方法があります。

それはその会社のWEBサイトで会社概要を見る事です。

広告の場合はLPサイトで会社のサービスのみが書かれている場合もあるので、会社名で検索し直して広告ではないサイトを確認して見るのがいいでしょう。

では早速【おうちの修理屋さん】を調べてみましょう。

【おうちの修理屋さん】は見ていくと運営している会社は一般社団法人自然災害支援協会という社団法人が運営していることがわかります。

その中で提携企業の欄があるので見ていくと、全国で各地で提携企業があり、またその中でポイントが施工業者がしっかり提携業者に含まれている事です。

 

なんで施工業者の提携が重要なのか?

基礎 モルタル 工事

火災保険の申請サポートの業者は大きく分けて2種類の営業の仕方があります。

①下りた保険の金額を工事するか、手数料を払って終了するか選べる会社
②手数料支払いのみで終了の会社

この②のみの手数料支払いのみで終了の会社提案しかしない業者には注意が必要です。

保険はお見舞金として支払いをされるため、工事をしないで他の事に利用する事は罪などには問われないという事は事実であり、実際工事費以外に活用したので保険会社から訴訟されたり、返金になったというケースは1度も経験したこともないです。

しかし、頼んでも工事ができない会社は注意が必要です。その理由としては下記の理由があります。

 

①工事出来ない調査員のため見積もりのクオリティーが低い可能性がある

②鑑定会社との立ち合いでも申請会社と判断されると不利になる可能性がある

③次回保険が同じ個所が下りないリスクを説明しない

 

工事を行える会社=保険承認額・保険承認率が高い可能性が高い

そのため工事業者と提携のある【おうちの修理屋さん】はネットから情報を見ると優良企業の可能性が高いです。

直接確認して見た!

直接電話口でも工事可能か確認して見たところ、承認後の工事は行えるとの事でした。

保険承認金額が減額された場合でもその金額での工事調整の為、追加費用がない為安心です。

結論でお伝えすると【おうちの修理屋さん】は優良企業です。

損保会社も工事する業者を優遇する傾向!?

今までも保険会社は申請のみを行っている会社には厳しい対応をしていました。

さらに冒頭で説明した悪徳業者が増えた事もあり、保険会社はさらなる具体的な対策を打ちました。

2022年10月より施行される予定でその対策とは【これまで見積もり提出タイミングで保険が支払われていたものが復旧したことを確認して保険金を支払うような運用手続きに変わる】といったものです。

これにより工事をしない業者はさらに厳しくなると思われます。

火災保険請求相談センターでもしっかり工事まで行えますので安心してご依頼ください。

【こちらも読まれています】

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

 

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

 

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている東京都清瀬市周辺でも2021年10月7日の地震被害はあり、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。

損はさせません。

 

PAGE TOP