ブログ

神奈川県小田原市 雪害・風害よりも地震の損傷が広がっておりました

小田原市 外壁 ひび割れ 2022年

公開日:2022年6月22日

2022年でも異常気象や自然災害は猛威を振るっております。

加入している火災保険の請求を知っている方も、知らない方も地域によっての特徴を知ることにより

記憶に残り何年も使える火災保険請求知識に役立つことをお約束いたしますので是非HPをお気に入り登録お願い致します。

関連記事:【動画あり】埼玉県上里町 雹・強風で損害保険請求問い合わせがありました

関連記事:【写真事例有】練馬区の火災保険申請の事例を公開!外装の被害だけじゃない!

地震直後でお金が155万円変わる

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

神奈川県小田原市 雪害・風害よりも地震の損傷が広がっておりました

2階の出窓のひび割れ

ご自身でも申請をしている方でもお問い合わせ頂ける事があります。

すぐの問い合わせは画像をクリックしてお電話かメール下さい。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

ご自分で保険請求をおこなえば、手数料を取られることがないので絶対に火災保険会社に相談ください!!

と一般的な代理店や鑑定人が被保険者様に伝える事があります。

これはサポート経験を10年以上している私から申し上げると100%損をしております。

地震の一部損だけの請求をというケースでも長期観点から推測すると100%損をします。

それをわかっている、過去におろした経験があるお客様でもきっと満足がいずれいくのが、我々

火災保険請求相談センターというプロ集団です。

その地域の災害や申請ノウハウの伝授

保険代行は致しません。

あくまでも被保険者であるお客様と、お客様が保険料を納めていて請求権利がある会社とのアドバイスやサポートという立ち位置です。

その年の1回だけの関係や、今後2度と申請をしない損をしたい方はご自分で申請をオススメ致します。

(但し、破損に気付いている箇所しかみてもらいため、損害保険協会の支払い実勢と弊社の支払い実績では1.62倍認定額に乖離があります。)

調査員が現場に出向く前に重要なのが、現場の災害情報を調べておくことです。

どの仕事も準備9割です。

  • ヒョウが過去に降ったことがあるのか
  • 地震の震度や過去の地震支払い例がどのぐらい社内にあるか
  • 構造の確認
  • 屋根の傾斜確認
  • 過去の台風支払い例等

お客様が立会するしないに関わらずプロとしての自覚で当たり前を当たり前に毎日コツコツ行っている会社が伸びます。

天狗になったらおしまいです。

そのお客様は初めての火災保険請求かもしれません。

よく調査後の報告でお客様に喜ばれるノウハウとして

平面図

  • Googleで過去の写真も見れる
  • 日本損害保険協会の支払い例
  • 鑑定会社の優劣と名刺一覧
  • 同業者の会社概要とデーター

です。

知らない知識を知ってもらい、必要なサポートを行います。

地震の損傷が広がってました

出窓の四隅にほとんどクラックが入っておりました。 基礎にもクラックがありました。

基礎クラック 地震保険 支払い 一部損

民間の保険であれば写真のみの判断で一部損害の認定事例も増えてきましたが、

全労済やJA共済は実損払いです。 地震でも。

なのでサポート会社の腕の見せ所です。

 

見積は原状復帰が基本

保険の考えとしては、壊れている箇所をもとに戻す原状復帰の費用が基本です。

クラックが1本あるので外壁を壊して1面新しいものにしますは通用しません。

それを知らない工務店などに依頼すると後後トラブルになります。

神奈川県小田原市いがいも即日対応致します。

火災保険サポートは時間が全てだと考えております。

いまやろうとして半年後の結果ならめんどくさくなりますし、その間にも災害がくる可能性がありますので損をします。

しかし同業者様の中には儲かればいいと考えているからか結果の催促などの重要な業務を行っていないところもあります。

株式会社 火災保険請求相談センターでは、被害がない場合にも今後の損傷が起きやすい箇所の証拠写真は大事なお客様に多く報告書作成をしますし、

定期的なご案内もしておりますので是非、小田原市以外のお客様でもお気軽にお問合せ下さい。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、
建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、
家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている
埼玉県春日部市市周辺でも2022年6月3日のヒョウ被害があり
、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。
損はさせません。

 

 

PAGE TOP