ブログ

【住宅保険の窓口】って詐欺!?同業の営業トップが評判を元に解説してみた!!

住宅保険の窓口

【住宅保険の窓口】の評判を調べていませんか?

火災保険申請サポートの業界は拡大し続けています。

業界が盛り上がることは良い事ですが、同時に懸念されるのはサービスの質の低下です。

特に物を主軸としていない無形のサービスの営業はサービスを受けてみないとサービスのクオリティーがわからない傾向にあります。
それに付け加え【火災保険申請サポート】と検索すると予測変換には

【火災保険申請サポート トラブル】
【火災保険申請サポート 詐欺】

等のワードも出てくるため、知識がないと余計手を出しにくいサービスだと思います。

火災保険請求相談センターのお問い合わせでも同業他社の相談を受ける事も多いです。
その中で最近質問が増えている企業の【住宅保険の窓口】について評判やHPなどから解説していきます。

また他の火災保険申請サポート業者についても過去取り上げていますのでご参考にしてください。

【こちらも読まれています】

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

 

【住宅保険の窓口】のHPは事例が多く掲載!?

瓦被害事例

サイトを見て特徴的なのは給付の事例が多く掲載されている点です。

地域・築年数・保険会社・被害箇所など細かく承認事例の物件情報が記載されています。
調査時の写真も引きの写真と被災箇所アップの写真と非常にわかりやすいです。

またその事例に必ず証明書も合わせて乗っている部分でも、信頼性が高いと言えます。

クオリティーの低いサイトや業者の場合は被害箇所がしっかり映っていなかったり、承認金額も数字だけでエビデンスがない会社もあるため、

一概にないと怪しいと断言はできませんが、判断基準の一つにはなると思います。

追加申請 証明書

事例以外の知識面の記事も充実!!

住宅保険の窓口では事例以外の火災保険申請に関する知識の記事も充実しています。

マニアックな火災保険の活用箇所の紹介や、保険は何度も使えるのかなどお客様が火災保険申請サポートを受けるにあたって、

不安や疑問を解消するような記事が掲載されており、訪れた人の顧客満足度が高いサイトとなっています。

火災保険申請サポートのHPは広告でのみ使っている会社も多く、LP(ランディングページ)しか存在しない会社もあります。

こういったサイトも一概に悪いとは言い切れませんが、

ランディングページはある程度フォーマットが決まっているため、あまり専門的な知識が少ない会社が運用しているケースも多く、知識量の多さは承認金額にも直結する為、見極める要素には重要であり。

住宅保険の窓口の窓口は良質なサイトと言えます。

LP(ランディングページとは)
購入やお問い合わせといったコンバージョンの達成に特化したWebページであり、
縦長の1枚完結のページです。

Web広告と組み合わせて運用するのが一般的です。

 

今こんな事を言う会社は要注意!?

リフォーム詐欺

【住宅保険の窓口】のお役立ちのコラムの中に『火災保険でリフォームは可能!?』というトピックスがあります。

タイトルの通り火災保険の承認金額でリフォームができるのかといった内容で結論としてはリフォーム可能と書いており、また火災保険は現状復帰工事で活用できるものでリフォームと現状復帰の違いが丁寧に書かれています。

また修繕可能な個所も細かく記載されていて大変わかりやすいです。

しかし今全く逆の情報を伝えてる企業があります。

それは『火災保険で承認された金額で工事をする会社は怪しい業者』と営業文句にしている会社です。

そういうニュアンスの営業をする会社は即取引を中止した方がいいです。

自分たちの会社に都合のいいようなデマでしかありません。

この営業文句は実際に問い合わせ頂いたお客様から伺ったお話です。
初めに聞いたときは耳を疑いました・・・

確かに下記のような工事をする悪質な業者は存在します。

工事をする悪徳なケース
・下りた際に不要な工事を強要する

・承認金額と差額を請求される

・ブルーシート養生・調査の際に足場を組むなどで高額請求される 

 

しかしそれはごく一部の悪質な企業です。
確かに火災保険の承認金額はお見舞金で工事は必ずしなくてはいけないものではありません。

そもそも、火災保険は承認された金額で工事をするために承認されているものであり、工事を行った方がその後同じ個所が被害を受けたとき再度承認されたりなどメリットもあります。

ですので偏った事を言う会社は注意が必要です。

業界内で流行ってる!?

住宅保険の窓口では『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』に参加していて

フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが起用されています。

この『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』は業界内で様々な企業が参加をしていて以前特集したミエルモやリペマなどでも参加しています。

住宅保険の窓口は優良会社

結論からお伝えすると住宅保険の窓口は優良企業です!!

火災保険申請サポートは同じ物件であったとしても、調査の細かさ、見積もりの作り方で金額が大きく変わってしまいますが、やり直しができない分自分が損をしたのか得をしたのか見えにくいサービスと言えます。

その中で見極めるためにはHPの事例やトピックスの多さは重要な要素の一つです。

またもう一つ見極める方法としては、電話で直接連絡して

【どんな箇所がおりやすいのか?】
【承認金額を工事使わなかったら本当に罪にならないのか?】
【直さなくて雨漏りになったら補償されるのか?】

などかなり突っ込んだ質問をしてみるのがいいでしょう。
実務経験が浅い会社はこういった質問程、回答するのが困難でしょう。

また火災保険請求相談センターでも様々な質問に回答していますのでお気軽にご連絡ください。

【こちらも読まれています】

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

 

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

 

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

東京都清瀬市周辺でも2021年10月7日の地震被害はあり、

関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。

損はさせません。

PAGE TOP