ブログ

埼玉県春日部市 ヒョウでの火災保険申請用の建物調査の実態

カーポートがヒョウで壊れた

公開日:2022年6月8日

先週のヒョウの被害での再度調査依頼を頂きまして現場の建物調査を記事にしましたので是非最後までご覧ください。

そして被害自覚がないお客様でも高所カメラで一緒に本当に損害がないか? 見ますのでお問い合わせください。

折角はらっている火災保険の料金・地震保険代 損をしますよ

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

地震直後でお金が155万円変わる

 

埼玉県春日部市 ヒョウでの火災保険申請用の建物調査の実態

ヒョウは火災保険申請がベスト

カーポートがヒョウで壊れた

お客様の認識でヒョウの損害で雨樋のよこの部分に穴があいた、カーポートが壊れたと問い合わせがありました。

火災保険請求相談センターでは、こういった気づいている部分いがいの損傷も細かく点検を行います。

現場の点検リストとして

  • 外壁の傷
  • 屋根のてっぺん(棟)から下り部分や平部や端の部分
  • 敷地内
  • 室内

ヒョウの被害はあらゆるところに起きている場合がありますので細かい点検と火災保険請求が必須になります。

関連記事こちらの雹の記事もよく読まれております。
ヒョウで壊れた地域に続出!?【悪徳業者】実態!見抜き方教えます!悪徳代行業者の逮捕や提訴が続出

高所カメラで安心安全で一緒に確認できます

高所カメラ 画像

現場調査の際に、お客様が一緒に確認できるメリットもあり、調査時間の短縮もあります。

この高所カメラを用いて、屋根の細部まで動画を取り施主様と一緒に確認が取れます。

実際の報告書の例

足立区被害 事例 火災保険

屋根伏せ図 火災保険請求

火災保険が加入している方が損害を気がつかなければいけないので保険請求に関して難易度が高くなります。

  • 軒天の破損があるか毎月見ていますか
  • 軒樋の金具や繋ぎや勾配確認しておりますか?
  • 波板の破損があるか傷があるか点検しておりますか?

現場調査での話で建物を網羅して把握しているお客様が少ないのが現実で、損害部位のみの申請では損をしております。

 

その小さなヒビも地震保険が適用されるケースが増えています

 

地震保険は建物が住めないぐらいの地震の時に申請するものでしょう?

と間違った見解で保険料をお支払いしているケースがあります。

毎年震度3・震度4の地震で一部損害の500,000円を貰っている方もいます。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

埼玉県以外からも問い合わせが多数

千葉県の市川市や、東京都からも今回のヒョウ被害での保険請求問い合わせが増加しております。

台風損傷も火災保険の保証がついておりますので2022年の台風に向けて壊れてない部位の写真撮影も今後の為に役に立ちます。

災害後の簡易修繕や養生は無料

瓦の養生

ヒョウの被害で、ガラス屋さんが現場にくるまで数週間かかるとニュースでもやっておりますが、

過去の台風での瓦屋さんが養生するまでに数か月かかっている現状があります。

火災保険請求相談センターでは無料で養生やコーキングなどの簡易修繕を行っております。

防水シートがあるから安心!!よりも目に見えた安心を

屋根の構造上、一番上の屋根材や棟板金の飛散があってもすぐに雨漏りすることはありません。

下地の防水シートがあるからです。 それでも住んでいるお客様からするとしっかりと安心が欲しいという声が多いので、

ブルーシートもしっかりと行いますのでまずはお問い合わせください。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

自分の家は何もないと思っていても93%以上保険金がおりています

地震から2週間で保険金着金 地震証明書 4-6

火災保険申請事業や地震請求サポートをしている中で多いのが、

【自分の家は何も申請できる箇所がない】

という建物です。

軽度の損傷でも、保険上の約款(支払いルール)として、壊れている箇所を現状復帰する実際の損害金額をもとに支払いになります。

もちろん経年劣化は対象外になりますし、破損ではないものはダメです。

それでもタイルが割れているなどの損傷は93%以上損傷があり保険請求と保険金認定があります。

保険金の用途は自由です

申請した見積もり金額が全ておりることはなかなかありません。

100万申請をしても、

  • 諸経費が高い
  • 足場は一部分で良い
  • 工事工法をかえて安く認定します

など保険会社か鑑定会社は減額をしてきます。

それを見越した保険請求することがプロの役目です。

お客様の認定してほしい金額から逆算した報告書作成で満足いく認定金額になるように日々努めていきますので調査依頼以外にも
情報交換やお客様ご紹介での【代理店】も募集しております。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、

建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。

外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

東京都清瀬市周辺でも2021年10月7日の地震被害はあり、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。損はさせません。

 

 

PAGE TOP