ブログ

教職員共済の火災保険をしっかりと活用させていくには!

公開日:2021年12月10日

学校の先生が入っている【教職員共済】でも台風被害などで平均120万円以上認定されております。

任せて安心火災保険
先生たちからお褒めの言葉を頂き嬉しくなっている反面まだまだこの火災保険の有効な活用を知らない人ばかりでした。
保険は万が一の時に使うものという人が多い事、多い事。

そう思っているのは構いませんが、既にその万が一を過ぎているケースがあります。

先生たちが入っている教職員共済は良い保険なんです。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

教職員共済の火災共済とは

樋ずれ はずれ 火災保険

教職員共済は厚生労働省にしっかりと認めれてもらった共済です。
生命保険や火災保険など様々な商品がお得に入れます。
その中で、建物にかかっている火災保険をご紹介いたします。

火事以外にも自然災害補償は必ずついている

東京海上お見積書-02

教職員共済の火災保険にも2つ商品があります。

  • 火災共済 (掛金が安いが補償金額が少ない)
  • 自然災害共済 (掛金が高いが補償が充実)

このどちらでも良い保険です。

良い保険とは、しっかりと被害があった箇所及びその周辺の修理まで火災保険で認めれて頂ける保険です。

共済の申請は面倒!?

一度申請をしたことがある方なら、分かってますが他の民間の保険会社よりも少し手間がかかります。

その手間は、罹災証明及び被災証明が必要になるからです。

そういった資料作りや申請のサポートを全て全国で行っているのが、株式会社 火災保険請求相談センターです。

教職員共済での工事事例

ここでは実際の教職員共済に加入したかたで工事を行った事例になります。

2019年の千葉の台風で屋根瓦に被害があり、足場をつけて屋根と雨樋をすべて交換しました。

(工事をしないでお金を残すサービスもございます)

神奈川県での教職員共済のお客様

ある団体さんからのご紹介でしたが、最初は詐欺なんじゃないか!??と懸念しておりました。
インターネットでも詐欺だ詐欺だと書き込みがあり、保険会社も鑑定会社も注意喚起のチラシを用いて申請をなるべく少なくさせようと必死です。
実際に現場で施主様から手出し無しで塗装ができたりと、大喜びの声を頂く度に、こう思います。

申請が詐欺だと思っている人はそのまま、無駄な保険料をこのさきずっと支払い続ける保険会社にとって一番良いお客様になる。 

地域によってはその地域の県民性がありなかなか普及しないところもあります。
それいった地域がないと保険会社も東北地方で雪害で支払って、

地震でも支払って、四国・関東・九州・沖縄では台風被害でも支払ってと大変なことになります。

屋根工事がメインの為、写真はしっかりと残しておいて下さい

屋根工事や床下工事は、信用できる業者さんがいないと嘆いている方がいます。
信用させる様に、工事写真をものすごく沢山、説明つきで出させればイイのです。
そうすればしっかりとした業者さんですが、その何年後でも、無料で点検にきてくれます。

火災保険請求は一過性のサービスではなく毎年活用できる優れたサービスです。

現場調査で見る点検項目とは

屋根がメインになりますが屋根以外にも細かく敷地をチェックします。

室内の汚損や破損もあれば請求可能となります。

屋根材や形状により異なりますが、基本的なチェック項目は

風によって浮いたか割れたかずれたのかを見ます。
雪害ですと重みによって沈んだ。

割れた。 曲がったになります。

雪害は重みによるものが対象になり、爆裂などはダメです。 

次に重要なのが外壁です。
部分的な割れや欠けがあるか判断いたします。
よくある、目地のコーキングキレによる漏水は対象外です。

にわかコンサル会社はここも降りると営業してますが、まず降りません。

当たり前のことです。

あくまでも突発的な事故での破損になります。

ここで保険が降りたら足場も全面認められる場合が多いので塗装を一緒に行えば、

塗料代だけで外壁・屋根・付帯が塗れます。

屋根・外壁の大項目をみて物置などの付帯物も確認をします

まとめ

教職員共済では全国どこでも掛金が変わらずにしっかりと補償される良い保険です。
加入している口数により支払い金額が変わりますが、

実績として全国どの地域でも施主様に喜ばれております。

もちらん教職員共済以外の火災保険がほとんどですので今、あなたが入っている保険も対象かもしれません。

こういったタメになる記事を日々更新しておりますので是非HPをお気に入り登録お願い申し上げます。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

お問い合わせは上記画像をクリック!

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている東京都清瀬市周辺でも2021年10月7日の地震被害はあり、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。損はさせません。

 

PAGE TOP