ブログ

株式会社愛京広告【火災保険申請サポート窓口】の火災保険事業の評判や口コミは!? 

愛京広告 TOP画像 火災保険申請サポートの窓口

公開日:2022年7月12日

全国対応の火災保険サポート会社【愛京広告】について同業目線で書いていきます。

結論:スピード感があり全国展開しているだけあり良い会社であります。
台風4号 被害 記録的短時間大雨(2022)その後にやるべきこと

でも台風4号のニュースからすぐに記事を書いており、被害地の皆様に保険申請の手順や無料調査を広げています。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

株式会社愛京広告の火災保険事業の評判や口コミは!?

愛京広告 TOP画像 火災保険申請サポートの窓口

HPでの実績から考察しますとしっかりと事業展開をしており全国対応を行っております。

株式会社 火災保険請求相談センターでも一部の業務委託提携を結んでおりますが、担当者様のレスポンスも早く案件打診もありました。

平均120万円の保険金

平均で1,200,000円の保険金が受給できるようです。

火災保険サポート会社では平均200万円と書いてあるところもありますが、結果数十万しかおりなかったときに顧客満足が減ります。

しっかりと実績ベースの金額と言えるでしょう

年間実績1000件

年間実績1000件とHPに記載がありました。

毎月80件前後のお申込みですが繁忙期に一気に問い合わせが増える事業です。

不動産セミナー 協賛で登壇と火災保険請求相談を多く頂きました

手数料30%今なら27%

2022年7月5日現在の情報になります。

詳しくは直接愛京広告様にお問い合わせください。

忙しい方に向けてline@もあり、lineでのご相談もできるようになっております。

ライン相談 火災保険サポート 愛京

地震保険 トークルーム

こういったレスポンスが早く対応している会社だからこそ全国で事業展開出来ているのかと想像をします。

非常に勉強になることが多い会社ですので是非お問い合わせや相談をしてみては如何でしょうか?

実際の愛京広告の口コミは!?

株式会社愛京広告のまとめ情報・実績や口コミ-PITTALAB

サービス紹介

株式会社愛京広告は北海道苫小牧市にあるインターネット広告代理店です。広告を出すだけではなく、SEO対策やMEO対策に関してもサポートがあるので、

広告を出したあとの運用もお任せすることが出来ます。

SNS広告では、テキスト+バナーのみではなく、動画やカルーセルを活用して訴求するものにも対応しています。

ほかにも「火災保険申請サポート」など幅広く事業を行っているので、インターネット広告代理以外の事業についてご相談したい人にもおすすめできる会社です。

 

 

サービスを受けたお客様の口コミや、火災保険事業での評判はありませんでした。

提携している同業目線でお伝えですと様々な県からのお申込みが定期的に打診がありますので、しっかりと長期的な事業を目指していると感じます。

担当者の方も、わからないことはわからないと聞いてもらえるので調査会社と本部が一体となってお客様の保険金の為に全力を費やすことが出来るでしょう。

火災保険申請 営業資料

火災保険申請 営業資料

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

愛京広告様も火災保険請求相談センターもどちらも全国対応ですので一緒に全国の保険加入者様が良い生活の為に申請・請求を考えてお申込みもらえるように周知していきます

火災保険は何度でも使えます

2021年は違うサポート会社に依頼していても2022年は別なサポート会社に依頼出来るのが保険請求の醍醐味です。

2021年に地震保険でおりた方も2022年の地震でまたもらっております。

火災保険もそうです。

一度認定されて修理をしてない方でもまた保険が降りることが多々あります。

そのために保険会社は現場の鑑定人を派遣しているのです。

Googleマップで過去に遡って印刷した用紙を現場に持ってくるのです。

有資格者(一級建築士や二級建築士や損害鑑定士)を持った方がしっかりと撮影してデーターを残しているので、何度も何年も申請を行う方が良いのです。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、
建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。

外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、
家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている
埼玉県春日部市市周辺でも2022年6月3日のヒョウ被害があり
、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。
損はさせません。

 

 

PAGE TOP