ブログ

オール電化にすると火災保険は安くなる?その関係性を解説します!

太陽光発電・エコキュートなど環境問題に伴い、国なども助成金等を出して推進などし2009年には余剰電力買取制度が施行され補助金も復活したので、太陽光パネルの設置台数は増えました。その後太陽光の普及が進んだこともあり、太陽光パネルと相性が良い商材、蓄電池・オール電化などが話題となっています。
蓄電池のメリットについてはこちらをご覧下さい:蓄電池ってつけると得なの!?いまさら聞けない理由を解説!助成金終了してもお得に工事する方法
今回オール電化のメリット・デメリットまた火災保険にからめてお伝えできればと思います。

火災保険の無料診断・申請後の交渉や相談はこちらから↓↓

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

オール電化とは

言葉通り自宅のエネルギーを全て電気でまかなう事です。
主に調理、給湯、空調など今までガスを使用していたものが電気を利用するイメージです。
具体的な例としては
ガスコンロ⇒IHクッキングヒーター
ガス湯沸かし器⇒エコキュート
ガスストーブ⇒電気ヒーター・床暖房

今まで主にガスで熱を生み出していたものを電気に変えるイメージです。
では具体的なメリットやデメリットのお話に移ります。

オール電化のメリット

オール電化を設置した際のメリットになります。

火災保険活用した場合には平均で80~120万が戸建てで承認される場合があります。

よく家財保険をかけてないと申請が行わないと思われている方が多いですが、建物の損害であれば

エコキュート・室外機・物置などは家財ではなく火災保険で適用が可能です。

火災保険 証明書

 

① 光熱費の節約

まずオール電化にして金銭面的にはお得なのかをまず考えると思います。
ではオール電化とガス料金を比較してみましょう。

例30分使用した時の電気代とガス代

IHクッキングヒーター 約8.75円〜13.3円
都市ガス 約7.97円
プロパンガス 約25円

プロパンガスよりはだいぶ安いが都市ガスと比べるとむしろ高いです。
しかしIHクッキングヒーターは鍋等が直接熱源と触れるため効率がよく短時間で調理等が行えるため使用時間の観点も加味すれば金額は安くなるとされています。

またガス会社と契約をしないため、基本料金自体がいらなくなるため安くなることが考えられます。また新築の場合はガスの工事がいらなくなるメリットもあります。
電力会社も当然オール電化は推進していて、その専用プランも作られているため、さらに料金を抑える事が可能です。

② 安全面


・火が出ない
IHクッキングヒーターはガスコンロと違い火が出ないため、燃え移りなどでの火事がなく安心です!
・ガス漏れ・不完全燃焼
オール電化の場合当然このような事は起きないので安全面ではオール電化の方が高いと言えるでしょう。

③ 太陽光システムと相性抜群

上記のように電気で家のエネルギーが全てまかなえるため、昼間太陽光で発電したエネルギーを使用し、夜間は電気料金が安いので節約・省エネが可能です。

【関連記事】

オール電化デメリット


物事には見方によって、良し悪しがあります。
デメリットももちろんあります。

① 火力を使う料理が満足に出来ない可能性がある

料理好きな人は火力(直火)を重視している人は多いと思います。
特に炒め物・チャーハン・中華料理など火力が必須と考える人も少なくないと思います。

私も以前IHクッキングヒーターを使っていたのですが、フライパンを振るう際少しでも離れると安全機能で電源が切れてしまって不便だった覚えがあります。

② 停電が起きてしまうと使えない

家の生活を全て電気でまかなう為、当然停電祭には家のものがほとんど使えなくなってしまいます。災害時に復旧が一番早いのは電気と言われており、蓄電池などの対策もありますが、オール電化のデメリットと言えます。

オール電化って家財保険必要??えっ保険が安くなるの!?!?

 

・保険入る意味ある?

オール電化はガスコンロのような直火やガスヒータによる事故などそもそも家財保険に入る必要あるのか?と疑問に思われる方もいらっしゃいます。しかし放火やもらい火のように外部からの被害に巻き込まれてしまう可能性は十分考えられます。

・火事以外も対応!!

火災保険は家事以外でも自然災害(台風・竜巻・落雷・爆弾低気圧・ひょう)にも対応しています。屋根・雨樋・外壁など様々な箇所に対応しています。日本に住んでいる限り、地震・台風・近年の異常気象は避けられません。なのでオール電化の場合も保険を掛けるメリットはあります。

オール電化で割引!!!

また物件がオール電化仕様の場合、火災保険が割引になることがあります!
上記のように火災の可能性が低くなるので保険料が安くなるといったものです。AIU保険とセコム損保の2社でオール電化割引として使われており保険料の割引を行っています。
必ずしもこの割引を使えばどこよりも安いとも言えませんが、オール電化をご検討の祭には知っておくと良いかと思います。

今回のPOINT

メリット
① 光熱費節約
② 安全面
③ 太陽光との相性

デメリット
① 料理が不便
② 停電のダメージ

保険の必要性!!
① 火事以外にも対応しているので必要
② 移り火・放火の可能性はゼロとはいえない
③ オール電化割引制度がある

火災保険の無料診断・申請後の交渉や相談はこちらから↓↓

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

【人気記事】

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、

家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

群馬県太田市周辺でも2021年10月7日の地震被害はあり、

関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。

損はさせません。

PAGE TOP