ブログ

太陽光パネルは火災保険が活用できます!後付けでも使える可能性があるのでご相談ください!

太陽光 表紙

太陽光パネルは保険が使えるのかプロの目線で徹底解説

 

太陽光パネル設置しているお客様からパネルも保険使えるの!?という問い合わせが多く

記事にして周知致します。火災保険・地震保険が対象になるかどうかの現場調査は無料です。

なんでもお問合せ下さい!! 

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

太陽光パネルが、飛来物や強風によって被害を受けたときはどうなるのでしょうか。

基本的に、太陽光パネルは火災保険の補償対象となりますので、火災保険に加入していれば修理工事費用が出ます。

また修理工事費用だけに限らず工事に必要な安全対策費用も火災保険請求が可能になります。

いまさら聞けない太陽光パネルとは!!

太陽光パネルは近年も普及し続け、今では戸建ての住宅を見回すと導入している住宅も珍しくないと思います。

太陽光パネルは太陽光を用いて発電を行い、基本的には自宅で電気を使うときに使用し電気代を安くする効果と余った電気を電気会社に売る事によって利益を得るような仕組みで太陽光パネルを設置します。

最近は太陽光パネルは人気がない!?

以前は人気が高かった太陽光も今は人気が低迷しています。 以前太陽光パネルを設置した際にはあくまで投資であり、売電によって規模にもよりますが何年かで設置費用を回収し、その後は売電で利益を得るという投資を目的に運用されていました。

しかしその売電の金額は再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)というもので定められていてその金額が年々下がっていることが太陽光の人気低迷の要因です。

 参考:https://www.solar-partners.jp/category/feed-in-tariff 太陽光パネルの設置費用は決して安いものでじゃありません。

通常の屋根に載せる太陽光で平均積載量は、4.4〜4.5kWですのでメーカーによっても前後しますが、115~130万円が目安です。 パネル費用以外にも、パワコンの値段やパネルの架台の設置費用も掛かります。

そのため初期費用を回収する値段が年々長期化していてパネルを販売する側も営業が難しくなっています。

売電効率は一定ではない!?

人生は計画通りに進むという事は少ないのではないでしょうか? それは太陽光発電においても一緒です。そもそも太陽光発電は同じ量のパネルを張ったから同じようの電気が発電できるわけではありません。

売電は屋根の方角・地域によっての日照時間、気温(季節)によって発電効率に差が出るため単純にパネルの面積だけでは発電できる量を計算できません。

もちろんこの気象条件を計算して営業も販売をしていますが、上記の条件に加えて太陽光パネル自体の劣化も売電効率には大きく左右されてしまい、多くの場合は想定していたものよりはさがってしまう事も多いです。 

太陽光パネルのトレンド

近年太陽光パネルのトレンドとして【屋根貸し】というものが挙げられます。 屋根貸しとはその名の通り一般の住宅の持ち主が太陽光販売会社に対して屋根を貸すサービスです。

契約形態は販売会社によって異なりますが、多くの場合は太陽光販売業者が太陽光パネルを一般住宅の屋根に対し無償で提供し屋根を貸したオーナーは一定額の電気料金の割引などの特典を受ける事が出来ます

その後一定の契約期間が過ぎた後にはその太陽光パネルはオーナーのものになります。 この販売方法は主流にはなってはいますが、全ての家主が利用できるわけではありません。

この方式では太陽光はパネルを設置するリスクを負って何年か売電する事により設置費用を回収しています。 それ故に売電効率がいい住宅でないとそもそも提案がされない事も多いようです。

太陽光パネルは故障する事が多い!?

太陽光パネルは外に面していることが多いという事もあり、自然災害にさらされる機会が多く故障してしまったという事も少なくありません。

①台風による強風

これは一番被害としては多く、台風の風に煽られて曲がってしまったり、飛んできた飛来物により割れてしまったという事もあります。

②雪による被害

大雪が降ると太陽光のパネルに雪が積もってしまい、パネル自体がひしゃげてしまったり、架台自体が重さにより故障してしまう事もあります。

③落雷による被害

落雷により荷充電がかかり、パネル自体ではなくパワコンが故障してしまう事があります。

④衝突よる被害

特殊なケースではありますが、カラスが石を落としてパネルを故意に割ってしまうような被害も少なくないようです。

太陽光の修理は火災保険を活用する事が可能!

太陽光は売電効率以上に一番のリスクはパネル自体の故障です。

太陽光販売会社の補償もついている会社は多いですが、あくまでも初期不良や施工不良の補償のみの事が多いようです。 それ以外の上記のような自然災害による被害は全て火災保険で対応する事が可能です。  

今回のPOINT
  • 太陽光の売電率は年々下がっていて投資対象の価値としては下がっている
  • 太陽光は故障にリスクはあるがメーカー保証の対象であることは少ない
  • 太陽光の自然災害の被害は火災保険で直すことが可能!

 

今回は太陽光パネルについてピックアップしましたがいかがだったでしょうか?

火災保険の対象の範囲は広く、知っていることで太陽光の抱えているリスクを減らすことも可能です。 調査は無料ですので是非お問合せください。 

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

PAGE TOP