ブログ

屋根の【カバー工法】は火災保険を活用して費用をおさえる事ができるかもしれません!

屋根のカバー工法(重ね葺き工事)は保険が活用可能なのか?

カバー工法とは屋根のリフォームの方法の一つです。

その名の通り、今ある既存の屋根に対し、特に撤去等をすることをせず軽量の金属の屋根を被せる工法の事を指します。多くの場合はコロニアル・カラーべストなど軽量の瓦に用いられることが多いです。

理由として、このような屋根材は安価であり、初期費用が安いため新築の建売の住宅などでかつて多く用いられていました、しかし耐久性が弱く、割れてしまったり、また経年劣化が進むと素材自体が塗装できないものも多いためカバー工法を提案されるわけです。

瓦の欠け

瓦の欠け

どのリフォームにも言える事ですがこの工事にメリットも大きいですが・当然デメリットもあります。またカバー工法は保険が適用できる可能性もあります。まずはカバー工法の持っている特性からお書きしていきます。

カバー工法を考えている!屋根の被害が気になるという方はお気軽にご相談ください

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

カバー工法のメリット

ではまずはメリットを簡潔にお伝えしていきます。

①傷んだ屋根に関しても行う事ができる

冒頭でも少し触れましたが、カバー工法の一番のメリットとしては傷んでいる屋根に対してもこの工法が使えるといった点です。屋根の塗装は美観を整えるためでもありますが一番の理由としては撥水効果を高め雨漏りなどを防ぐために行います。

それができない屋根に対しても行う事ができるのが一番のメリットといえます。

②安価に行う事ができる

屋根から雨漏りが発生してしまったとき、原因を特定する事は極めて困難です。例えばサッシ回りなどの特定できる場所であればその場所を修繕すれば解決できますが、天井からの雨漏りの場合は屋根全体に水が回ってしまっている事も多く、その場合屋根全ての葺き替えをしなければ完全に止める事は難しいです。

その際にカバー工法を用いる事で全面の瓦の葺き替えをするより、金額を大幅に抑える事が出来ます。わかりやすくお伝えすると『原因がわからないのであれば、原因そのもの自体を全部塞いでしましましょう!』という考え方です。

③廃材処分費がかからない

そのまま屋根に被せるため、葺き替えに比べ人件費がかからない事もメリットですが、廃材処分費の費用も抑える事が可能です。

さらにアスベストなどを含んでいるような屋根であればさらに処理に費用がかかるため特に古い屋根材の際にはカバー工法を勧められることも多いようです。

④遮音性の向上

屋根が2重の構造になるため、遮音性が上がります。

カバー工法のデメリット

メリットも多いカバー工法ですが、デメリットも存在しますのでしっかり理解して検討しましょう。

①家の耐久性の低下

既存の屋根の上にカバーする工法の為、通常のものに比べると軽量の金属屋根を用いますが、屋根の重量自体は当然上がります。そのため家全体に負荷がかかります。ですが耐震には問題ないとされています。

②既存の屋根が傷みやすい

カバー工法で被せてしまうと、その間に湿気がたまってしまい、既存の屋根の傷みの進行が進んでしまう可能性があります。

③屋根の位置が変わってしまう

カバー工法は現状の屋根の上に乗せるため、屋根は元あった屋根より大きくなります。そのため雨が降った際現状の雨樋では受ける事は難しく、カバー工法の際は雨樋の調整工事も必要になります。

カバー工法は火災保険は活用する事ができるの?

ではカバー工法は火災保険で活用する事ができるのでしょうか?

結論からお伝えするとカバー工法は火災保険で賄う事が可能です。そしてしいきなり矛盾しますが火災保険はカバー工法のような建物の増築やリフォームには使う事はできません。

しかし使い方次第では火災保険を活用する事が出来ます!!

火災保険は台風や大雪などの災害で壊れたものに関して活用が可能です。

自然災害

台風による給付事例(埼玉の事例)

棟被害

棟被害

台風被害

これは埼玉の事例です。お客様の被害自覚はありませんでしたが、風害は50万前後承認されました。

弊社ではこの火災保険が活用できる箇所を見つける調査を専門で行っています。

戸建ての平均承認金額は120万円以上です。火災保険の承認金額はお見舞金のため、必ずその工事に充てなければいけないという事はなく、工事後の写真を見せなければいけない決まりもありません

そのためこの承認金額をカバー工法に回すことが可能です。

 

今回のPOINT
  • カバー工法は劣化した瓦に対して有効
  • 火災保険は増築・リフォームには使用はできない
  • 申請の仕方を工夫する事によってカバー工法の金額を抑える事が可能!

 

今回はカバー工法についてでしたがいかがだったでしょうか?

弊社は火災保険申請サポートを全国で行っています。調査も無料ですので是非一度ご相談ください。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

PAGE TOP