ブログ

2022年の大雪での建物被害は火災保険請求相談センターへ

江戸川区 調査事例②

2022年はラニーニャが発生すると大雪になるといわれております。

また2014年・2018年でも大雪になったのでこの4年周期での大雪被害で火災保険会社は【雪害】で数千億円お支払いしている情報や

どういった損害で【雪害】認定になっているのかをお伝えいたします。

火災保険 証明書 2283247 円 承認

火災保険 証明書 2283247 円 承認

2022年の大雪での建物被害は火災保険請求相談センターへご相談お待ちしております

結論、大雪による雪害被害での火災保険請求は調査報告書の撮影に危険が伴うかつ素人の人が申請をしても認定額が少ないもしくは無責(0円)になりやすいです。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

よってこちらから問い合わせ・ご相談お待ちしております。

火災保険請求したのに無責の理由

火災保険申請 営業資料

火災保険申請 営業資料

火災保険の証券をみてみると、

風水害や、雪害・雹による被害・落雷・盗難・衝突・汚損・破損など

建物の損害に対する保証が網羅されているように思えます。

しかし、大事なのは実際に保険金が貰えるか?です。

医療保険や自動車保険・生命保険でもそうですが入るまでは営業が一生懸命説明を行いますが、加入していまうと

あんなに一生懸命連絡がきていた保険会社の人たちももう連絡はほとんどきません。

更新の際に少しお話をするだけで、【出口】である保険金の支払い事例や

平均認定額を教えてくれる訳でもありません。 貴方自身が知識を身につけて被保険者もしくは親族から申請をしないと保険金受給となりません。

無責の理由その1:経年劣化

突発的に予想できない損害をお支払いするのが【雪害】です。

雪降ろしの際に誤ってスコップで屋根を壊しても、保険は認定されます。

しかし【経年劣化】という年数がたって生じた被害に関しては対象外です。

雨漏りも保険金される可能性としては突発的な損害部位からの漏水でないといけません、窓枠のコーキングが年数がたち割れて雨漏り、

原因不明の雨漏りなどは対象外となります。

屋根材もサビ・汚れは対象外です。

無責の理由その2:事故日が違う

火災保険会社が申請する際に、

いつ起きた事故ですか?と質問されます。

その返答した事故日が保険金請求書にも書いてあるものが送られてきます。

保険会社へ電話申請の際には、通話は録音されていますので後から別の事故日だったという事は、通常の保険会社には通用しません。

よく保険金をおろしてくれる【良い保険会社】では対応してくれる場合もあります。

どの保険会社が台風で一番保険金おりるの? 投資家様からの多い質問にお答えいたします

保険会社も無下におろしたくない訳ではありません。

社内として、その事故日だと払えないという被保険者の知識不足で不払いと思われている事が多いのが現状です。

無責の理由その3:申請期間が過ぎている

原則3年以内の事故が保険法で定まっております。

5年前の事故でも中には明らかにわかる資料があればおろしてくれる保険会社もありましたが、基本的には3年以内です。

それでも過去の決算に影響が起きるので直近の事故の方が認定されやすい傾向にはあります。

無責の理由その4:認定される報告書が作成できてない

火災保険申請 図面

火災保険申請 図面

報告書とは、提出に必須な

  • 損害写真
  • お見積書

を指します。

この両方とも物凄く重要です。

損害写真としてどこを撮影したかまたその破損部位は原状復帰の範囲内なのか。

工事会社としての質も重要です。

火災保険請求相談センターの認定額が高い理由

損害保険請求結果画像

株式会社 火災保険請求相談センターでは過去の雪害申請での認定部位や認定単価。

そして鑑定会社の交渉や、加入している火災保険会社によっても報告書をわけております。

高額認定の理由その1:破損部位が明らかなにわかる報告書の作成

コロニアル写真

水切り板金被害 へこみ

ぬきいた 写真

ぬきいた 施工写真

台風被害16号壊れた

波板の被害

どういった報告書が知りたい方はお問い合わせください。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

高額認定の理由その2:事故日が明確でエビデンスがある

地域選択

①【都・府県・地方を選択】をクリック            ②【地点を選択】をクリック

その雪害事故日が何CMの積雪なのか、なぜその日だと思うのか。

その事故日よりも前の状態は把握していたのかを保険会社は注目します。

過去の写真がない場合にはgoogleマップで過去に遡ってみるなど対策が必要になります。

高額認定の理由その3:申請期間が過ぎている破損対象外損害は申請しない

事故日が原則3年以内と書きましたが直近であればあるほど認定されやすいのは理由があります。

  1. 損害部位の損傷具合で判断が出来る
  2. 申請した被保険者様以外で近隣や同居者への聞き取りがしやすい
  3. 同地域での申請数によって認定しやすい

などが挙げられます。

保険会社も保険認定に必要な【理由】・【根拠】があると支払いや社内稟議が挙げやすいです。

高額認定の理由その4:鑑定人交渉に長けている

申請後の現場から教えるー損害保険 鑑定人が火災保険申請の承認のカギを握る

鑑定人も人間が行うので違いがあるのは当たり前です。

現場鑑定が入る際には保険会社は基本的に、現場の鑑定人が査定した金額を被保険者に伝えるので、納得いかない場合の交渉は

保険会社よりも鑑定人に行った方が良い場合があります。

高額認定の理由その4:雪害だけじゃない!? 風害や地震も一緒に申請を行う

地震被害申請認定

雪害被害だけでなく、地震も一緒に認定されれば一部損害の50万も増えたり、損害部位によっては台風被害・衝突被害・室内の給排水による汚損。

子供が遊んでて壊れたガラス・障子・クロスなども申請ができますので高額認定になっております。

調査に行くと細かい説明を施主様に行いますが、こんなところも保険請求が出来るの?と驚かれます

大雪で起こりうる損害と認定部位とは!?

 

大雪での火災保険請求で実際に認定された部位を紹介致します。

 

雨樋

雨樋湾曲

雨樋湾曲

雨樋の中でも屋根の水を流す軒樋が雪害によって曲がっているケースがあります。

とい壊れた よことい

こういった【割れ】などの損害もあるか細かく建物調査致します。

カーポート

カーポート飛んだ 写真

カーポートも雪害が起こりやすい部位です。

保険は申請主義のため、屋根材のみでなく骨組みも曲がっていたりしたら本体ごと撤去・新設で出しましょう。

物置

物置へこみ

物置へこみ

物置も雪害被害もしくは衝突、風による飛来物の損傷がよく見受けられる箇所になります。

屋根材

地震被害による平部瓦のはそん

屋根材の破損範囲によっては、細かい数量で出した方が認定されやすい場合と一式で出した方が認定されやすい場合にわかれます。

細かいところまでしっかりと診て、しっかりとした保険請求を行わないと折角はらっている保険料なのにお客様が損をしてしまいます。

また火災保険請求相談センターでは、日々の自然災害や地震情報を元に定期的な点検を依頼しておりますので何年間もお付き合いが生まれます。

この機会に是非お問い合わせください。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

記事監修:矢島 弘子

火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている2014年2月14日の大雪では1か月で調査80件と72件の申請を行い平均認定額150万円を叩き出す。2018年1月22日の関東の積雪でも、過去のお客様への周知や、定期点検での案件で一か月で63件の申し込みがあり。
PAGE TOP