ブログ

沖縄県浦添市から台風11号点検の相談あり。 屋上の笠木に飛来物の痕があり

衝突コーナー材 東京都あきる野市 保険請求

沖縄県浦添市の住宅からのお問合せ内容を記事にしていきます。

過去に加入している火災保険の風災や飛来物の請求をお手伝いさせて頂いたお客様から

2022年の台風11号が沖縄に被害をもたらすかもしれないので、

点検依頼を頂きました。

保険金が受給されなかった場合には費用は一切頂きませんので是非貴方もお申込みを。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

昨今の火災保険請求は毎年請求が主流に

火災保険での保証で

  • 台風被害による風水害
  • 外部からの飛来物破損
  • 故意ではない突発的な破損・汚損
  • ドロボウが壊したドアなどの盗難保証
  • 雷 水害 ヒョウ災

ヒョウの災害と雷とドロボウの請求はすぐに認定されます。

しかしその他の申請はいつになぜ壊れたのかを【明確】に報告書で示さなければなりません。

被害報告書

上記の画像のような、その報告書に伴った【現状回復する部位だけの御見積書】も必須です。

場合によっては、火災保険請求相談センターでは保険会社目線・鑑定人目線での図面も用意をします。

地震保険 図面

ここまで行うのが難しいのと、毎回申請してはいけないのでは?という固定概念で

保険会社は儲かっています。

毎年どの保険会社も火災保険事業だけの収支は93%以上の確率で黒字です。

TVのCMをしているのはソニー損保ぐらいだけです。

※どこの火災保険会社がおりやすいかも相談が増えております。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

 

毎年請求をかけることで、昨年にはなかった被害が、直近の被害として

すぐに明らかにわかるので保険がより降りやすくなっていきます。

沖縄県浦添市の現場報告書

2021年との違う破損個所をわかりやすく写真を撮っていきます。

沖縄県浦添市 火災保険請求 申請

もし保険請求をしたことがないお客様にとっては、

【グーグルマップ】で過去に遡ってうつせるのでそれが証拠写真にできます。

過去の写真撮影方法は保険会社もやっている知っている人だけの裏技です
見積もりは損害部位のみ

火災保険請求での勘違いの第一位が、建物が全てきれいになると思っている。です。

突発的な損害を補償する災害補償なので、壊れたところのみを部分てきになおす見積もりでないとダメです。

沖縄赤瓦が10枚割れたのに、新しく葺き替えを行う見積もりでは保険会社から取り直しを言われます。

 

沖縄県は火災保険会社が決まっている!?

ほとんどが沖縄の為の火災保険の【大同火災】か

【損保ジャパン日本興亜】です。

その保険会社ごとの認めてもらえやすい報告書の為に、火災保険請求相談センターでは全力でサポート致します。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

工事 コーキング 修理 火災保険

株式会社 火災保険請求相談センターでは全国対応です

火災保険請求相談センター TOP画像

築5年以上の建物で火災保険に加入していれば、全国どこでも

保険請求のサポートを致します。 雨漏りしてなくても、外壁の傷程度で数十万から数百万認定は当たり前です。

石垣島でも宮古島でも対応致しますので是非ご自宅以外にも実家や、会社の建物もみさせてください。

 

住宅以外にも認定事例あります

火災保険に加入している建物であれば、ほとんどの認定事例が全国であります。

ある協会をまとめて請求あげてほしいという相談や、動物園・植物園・水族館から学校。病院まで

その建物に沿ったプロを現場に派遣致します。

また、保険請求のご紹介で【紹介料】をお支払いする代理店も募集しておりますので是非ご検討ください。

代理店募集中!副業として業務提携として他業種も活躍中!

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、
建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、
家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている
埼玉県春日部市市周辺でも2022年6月3日のヒョウ被害があり
、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。
損はさせません。

 

PAGE TOP