ブログ

火災保険申請プロ(株式会社Rhino Works)の火災保険申請サービスの質は?口コミを業界のトップが解説!

火災保険申請プロ

火災保険申請プロ(株式会社Rhino Works)評判という検索ワードで調べてませんか?

火災保険申請プロ(株式会社Rhino Works)の評判というワードで検索をしていませんか?

火災保険請求相談センターでは日々様々な問合せをいただいております。

『火災保険の活用できる範囲』『おすすめの火災保険』などのお問合せを良くいただきます。

その中でも問合せ内容として多いのが『○○という会社の火災保険サポートは本当に大丈夫なのでしょうか!?といったお問合せです。

火災保険申請サポートはサービス業のため一概に手数料率だけ見て依頼するのは危険です。調査後連絡が取れなくなってしまったり、資料の質やサポートの質が悪いなどのクレームも少なくありません。

火災保険申請プロ(株式会社Rhino Works)に関してのお問い合わせが増えているため、火災保険申請サポートの同業の目線から解説していきます。

【関連記事】

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

 

まずは自社のホームページがあるかどうかチェック!?

『そもそもホームページで見たから問い合わせしたんだから、あるのは当たり前ではないですか?』と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

火災保険申請サポートの運営会社の約8割はLP(ランディングページ)を活用し営業しています。

ランディングページとは訪問者の求めている情報をしっかりと紹介し、コンバージョンへスムーズに繋げることに特化して作られたサイトです。

ランディングページはひながたが決まっていれば安価で作成も可能です。リスティング広告と一緒に活用されることが多いです。

ランディングページの下部には多くの場合運営会社が記載されています。その会社名で再度検索をかける事が重要です。

ランディングページしか持っていない会社もあり、一概に怪しいといったわけではないですが、広告のみで自社で行っていなく委託のみで運営をしていて火災保険申請サポートの知識が少ないケースもあるため注意が必要です。

 リスティング広告とは
検索連動型広告は、インターネット広告の一種で、検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告である。

ネットリテラシーの向上で業種によってクリック率が下がっているものもありますが、検索ボリュームは膨大の為、特に塗装・リフォームなどの高単価のためリスティング広告でも人気が高いです

 

会社概要から読み取る

会社概要
会社名:株式会社Rhino Works[ライノワークス]
所在地:大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-1本町南ガーデンシティ7階

事業内容

  • 求人広告総合代理店
  • 採用コンサルティング
  • 採用アウトソーシング
  • デザイン制作
  • 火災保険申請サポート

 

 

会社概要から見ると、様々な事業を行っていることがわかります。

採用コンサルのページなどもしっかり作られています。

住所なども記入されており、当たり前の事ではありますが、その当たり前ができていない会社もあるため、最低限会社概要等は確認することをお勧めします。

火災保険の事例をチェック

証明書

火災保険申請サポートの会社は年々増えています。

その差別化をするため、サービスのクオリティーが上がっていく事は業界的にプラスですが過剰な広告も目立ってきています。

『平均承認金額200万以上』『承認率95%』などエビデンスがない状態で載せている会社も増えています。見極めるために下記の2点を確認してください。

・承認の証明書がしっかり添付されているか?
・承認された箇所の現場の写真がしっかり載せられているか?

また全国での事例が載せられている事や事例の写真も様々な細かい箇所が載っていることを確認する事をお勧めします。

SNSの運用がすごい!?

今となってはSNS運用は企業にとって重要な集客の方法の一つになっています。

ツイッター・インスタグラム・フェイスブックなど様々なものがありますが、日本でもっとも使用率の高いSNSはLINEです。

火災保険申請プロではLINEによる営業を強化しているようです。

2022年3月31日から開設しているので半年間で200人を超えていて、ハイペースで増えています。

今回のまとめ

火災保険申請プロ(株式会社Rhino Works)の火災保険申請サポートは優良会社だと言えるでしょう。

また依頼する際は他社とどういった差別化をしてるのか?また実績などを確認してホームページとの矛盾が生じていないかなど確認しましょう。

火災保険請求相談センターでは火災保険申請のやり方やどういった申請を行えば保険が最大限活用できるのかといったアドバイスも可能ですのでお気軽にご連絡ください。

【こちらも読まれています】

 

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、
建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、
家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている
埼玉県春日部市市周辺でも2022年6月3日のヒョウ被害があり
、関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。
損はさせません。

 

 

PAGE TOP