ブログ

住まいの診療窓口の口コミ・評判は!? 火災保険受給金額からの手数料が安い!

住まいの診療窓口  口コミ・評判 火災保険

公開日:2022年5月25日

広告で

【公式】住まいの診療窓口 – 火災保険給付の申請サポート
というタイトルで出てきました会社の口コミ・評判を同じ申請サポート会社である

株式会社 火災保険請求相談センター が説明をしていきます。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

住まいの診療窓口の口コミ・評判は!? 火災保険受給金額からの手数料が安い!

なんといっても【完全成功報酬24%】という点が魅力です。

他社様ですといまだに50%やそれ以上の会社が存在します。

損保業界でも注意喚起されている一つで、

  • 高額な手数料の請求

が挙げられます。

お客様によっては、知らない情報で一円でもお金がもらえるなんて良いサービスというところで手数料の%は気にしてない(比較対象がない)ところで契約している方もいますが、安いに越したことはありません。

対応エリアを明確にしている

住まいの診療窓口 対応エリア

関東または関東近郊にお住いの方が対象です。

また2022年の地震の影響が大きいと思いますが、【東北地方】も対象です。

2022年3月16日の地震では、株式会社火災保険請求相談センターにも多くの問い合わせがありました。

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

2022年でも3月16日に地震があり2週間で【地震保険金】が着金されているスピードを是非あなたにも!!

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

 

住まいの診療窓口の口コミや評判は!?

実際の口コミや評判はどうなのか考察してみました。

広告のランディングページでは口コミ情報やお客様アンケートはありませんでした。

問い合わせの電話番号:044-322-9257で検索をすると、向日葵工房株式会社様のHPが出てきましたのでその工事事例で言いますと、

しっかりと工事前の写真と完工後の写真がありました。

対応エリアも関東圏を中心に静岡県の事例もありましたので安心して依頼できる業者様ではないでしょうか。

またその事業の中で不動産業でも15年以上の経験を持つベテランの方もいらっしゃるので知識・知見共に優れていると思われますのでお気軽に火災保険や地震保険のご相談をされてみては如何でしょうか?

完全報酬なので調査費の心配はありません

昨今申請サポート会社が増えてきています。

様々な会社様に情報交換やサービス共有で問い合わせをしておりますが、親身に打ち合わせをしてもらえる会社やそうでない会社と両極端な対応の違いに驚かされます。

特に、サービス共有の場合ではこの【調査費】が焦点として、サービス途中での解約や調査だけはお断りというところを強調して

費用請求が発生する会社も中にはあります。

見積会社からしても何件現場調査に行ったら、何件かは売上になる想定で行っているのでその会社の方針ではありますが、

お客様の知識がどんどん身についている時代。 変化に対応して顧客満足度を上げるという観点では【完全な成果報酬】

保険金がおりなければ費用は一切頂きませんスタンスが主流になると思っております。

その中から台風後の繁忙期に、養生費や緊急的な応急処置費用は致し方ないかと思いますが。。

株式会社 火災保険請求相談センターでは、2019年の千葉の台風15号や台風19号でも、養生費無料・応急処置費用無料で提供した結果、

多くのお客様に喜ばれましたので翌年の九州台風10号でも同様の対応を行いました。

もちろん保険金が降りない場合でも養生費や応急処置費用は一切頂きませんでした。

地震直後でお金が155万円変わる

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】


多くの方に長く申請をサポートしていきたいという考え

問い合わせ

火災保険請求相談センターの想いとは

ここからは、弊社の案内をさせてください。

株式会社 火災保険請求相談センターでは全国対応を行っております。

被害の自覚がない方でも、今後の台風被害の為に事前に屋根状況を見てほしいなども対応しております。

申請サポートを長年行っている職員が現場調査を行いますのでお客様が望んでいる金額から逆算した報告書の作成や見積もり作成を元にサービス提供をしております。

被害がない場合でも細かく、損傷が今後起きても認定できるような証拠写真を無料でお渡しいたします。

何年後かにでも保険請求でお役立ちしたいという一心で日々勉強しておりますので一緒に大事な建物を守っていけたら幸せと考えております。

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。

外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、

家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

神奈川県川崎市周辺でも2022年3月16日の地震被害はあり、

関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。

損はさせません。

 

PAGE TOP