ブログ

茨城県つくば市で被害多数!火災保険・地震保険申請のご紹介【写真事例あり】

茨城県つくば市で被害多数!火災保険・地震保険申請のご紹介【写真事例あり】

(株)火災保険請求相談センターは東京を中心に関東の物件をメインに行っています。

今回は恒例の調査事例の紹介です!!

『火災保険申請サポートサービスは興味はあるのだけれど、実際の被害箇所のイメージが付きにくい。』といった方は是非参考にしてみてください。

女性悲しい

今回は茨城県つくば市の物件のご紹介です。

過去の調査事例は是非こちらも参考にしてください。

 

 

無料診断の依頼相談はこちらから!

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

被害多数あり!つくば市物件の写真解説

では早速写真の解説をしていきます。

依頼者の方は強風により樋が壊れてしまったという依頼でした。また地震保険も加入していて10月7日から頻繁に地震が起きているので地震被害も確認して欲しいとの事でした。

 

1枚目の写真

依頼者の自覚のあった被害として雨樋破損という部分でした。

またその部分の軒先も被害があり、被害があった雨樋の先に関しても、湾曲が見られました。

この写真ように軒樋は上から平行に撮らないと被害を見つける事は困難です。

2枚目の写真

また破損があった雨樋の箇所以外の箇所にも被害が見つかりました。雨樋の被害原因としては強風や雪の影響で被害が起こる可能性が多い箇所です。

台風・大雪などの自然災害は建物全体に被害をもたらしていますので自覚症状がある個所以外も漏れなくチェックする事が保険申請の金額アップにおいて大切です。

また屋根上では瓦のクラック被害が見つかりました。特にスレート瓦はクラックが出やすいため、必ず全ての瓦を満遍なくチェックしましょう。

また屋根の被害があった場合はその被災箇所だけではなく、それを修繕する為の足場も認められるため、必然的に承認される金額も高単価になりやすいです。

3・4枚目の写真

裏手の波板にも被害が確認されました。こちらは強風による飛来物の影響であり、保険承認されました。

地震に関しましても被害は複数確認されました。

地震の申請をするにあたって、必ず確認していただきたいのは基礎の部分であり特に開口部にはクラックが入りやすいので確認しましょう。

また今回もちろん建物全体の調査なので全体のクラック被害の写真を全て載せていますが、極論にはなりますが地震保険の『一部損壊』の判定は一番最初の開口部のクラック被害1本だけでも認められる可能性は高いです。

 

今回のPOINT
  • 被害自覚ない箇所もチェックする事で保険承認金額が格段に上がる
  • 写真の撮り方により承認金額は大きく差が出る
  • 地震保険はたった1本のクラックでも承認される可能性があります。

 

今回は築37年の物件でしたが先日の地震被害ではたった築3年でクラック1本で保険が承認されたといった事例もあります。

また火災保険請求相談センターにご依頼いただければ火災保険申請に特化した調査を無料で行っています。

また火災保険申請の相談なども行っていますのでお気軽にお申込みください。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

PAGE TOP