ブログ

【100万円以上損している!?】セコム損保の火災保険について解説。メリットとデメリットも紹介

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っているセコム損保では所有している戸建てをセコムに2017年に加入し保険申請。鑑定立ち合いもなく無責で電話交渉の末、72万の認定。どこが良い・悪いではなく実績が少ないのでプロからすると判定がバラバラに感じる

この記事ではセコム損保の火災保険である

『セコム安心マイホーム保険』のプランの紹介と『セコム損保の火災保険』

のメリット、デメリットも記載しています。

特にメリットでは今まで知らなかった情報で1,000,000円以上の損をしない様にしてください

目次(▼タップで項目へジャンプします)

    1. ▼『セコム安心マイホーム保険』の3つの補償プラン
    2. ▼セコム損保の火災保険のメリットとデメリット
    3. ▼自由選択の特約も充実している
    4. ▼セコム損保の火災保険の具体的なやり取りについて

 

『セコム安心マイホーム保険』の3つの補償プラン

太陽光 表紙

 

セコム損保が提供している火災保険が『セコム安心マイホーム保険』です。

 

特徴は、補償範囲に応じて3つの基本補償プランが用意されていることです。

セコム安心マイホーム保険では、補償内容として以下の7項目が設定されています。

 

①火災、落雷、破裂・爆発

②風災・雹災・雪災

③盗難、通貨等の盗難(保険対象:家財)

④建物の外部からの物体の落下、飛来、衝突等

⑤給排水設備の事故等による水濡れ

⑥騒擾、労働争議に伴う暴力・破壊行為

⑦水災

 

①~⑦のすべてを補償してくれるのが『ワイドプラン』
⑦を除く①~⑥を補償してくれるのが『ベーシックプラン』
①~③のみの補償がつくのが『スリムプラン』

上記、3種類からベースのプランをセレクトし、オプションをつけるかどうかを決めて最終的な契約内容を決めていきます。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

全プランに自動セットされるもの

 

上記の3つのプランいずれも、「費用補償」と「事故発生時の安心サービス」は自動的にセットされます。費用補償は以下の7項目がついています。

 

①セキュリティ・グレードアップ費用

火災や破裂・爆発、盗難などの損害保険金が支払われる時に、1事故・1敷地ごとに50万円を限度として、損害発生の日を含めて180日以内に危険軽減を目的として支出した費用を補償してくれます。

 

②水道管凍結修理費用

火災保険の対象が建物の場合には、専用水道管が凍結で損壊・修理した場合にその費用が支払われます。

 

③残存物取片づけ費用

基本の補償内容で被害が出た時の損害保険金が支払われる際に、清掃費用・残存物の片づけ費用が支払われます。

 

④損害防止費用

火災・落雷・破裂・爆発といった火に関する事故で、損害の発生や拡大の防止を目的として出費した場合、消火活動で使用した消火薬剤などの費用を補償してくれます。

 

⑤特別費用

基本の補償内容で建物が全損した時に、火災保険の契約が終了すると支払われます。

 

⑥バルコニー等修理費用

火災保険の対象がマンションの戸室の場合には、バルコニー等の専用使用権付共用部分の被害を修理した場合の費用が補償されます。

 

⑦損害賠償請求権の保全・行使に要する費用

セコム損保が保険金を支払うことで取得する、ほかの人への損害賠償請求権の保全・行使のための費用を補償してくれます。

 

セコム損保の火災保険のメリットとデメリット

RC構造物件

RC構造物件

 

セコム損保は、警備保障・ホームセキュリティで知られるセコムが出資している損害保険会社ですので、

警備保障会社としてのノウハウを生かした独自の補償・サービスが火災保険にも織り込まれています。

 

メリット

●料金が他社よりも安いことと、オプションの豊富さ
●割引も充実している*実際、セコム損保の火災保険の評判としては「補償内容がしっかりしている」「保険料が安い」という声が多く聞かれます。

 

また、セコムのホームセキュリティなどの警備関係のサービスにも同時に加入することで、火災保険がさらにお得に利用できるというメリットもあります。

火災はもちろん、住宅の安全面での保証もしっかりしていると考えてよいでしょう。

デメリット

●ホームセキュリティに加入していない場合は割引率が低くなり保険料の割高感を感じる
●更新までの期間が長い
*セコム損保のインターネット上における口コミでは、高評価と低評価が半々のような印象を受けます。

 

セコム損保の火災保険に加入する際は、ホームセキュリティの契約も検討した方がよさそうです。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

 

自由選択の特約も充実している

そのほかにも、自由に選べる特約(オプション)も充実しています。

●臨時費用保険金補償特約

基本の補償内容の事故によって損害保険金が支払われる場合に支払われるもので、支払割引と限度額を選んでセットにする特約です。

 

●地震火災費用保険金補償特約

地震・噴火・津波によって起きた火災被害が出た場合に支払われるもので、支払割引と限度額を選んでセットにする特約です。

 

●失火見舞費用保険金補償特約

自宅で発生した火災や破裂・爆発によって、第三者の所有物に被害を与えてしまった場合に支払われる見舞金です。

 

●類焼損害補償特約

自宅で発生した火災や破裂・爆発によって、第三者の住宅や家財に被害を与えてしまった場合に支払われる見舞金です。

 

●借家人賠償責任補償特約

賃貸住宅に住んでいる人向けの特約です。基本の補償内容による事故のために賃貸している部屋に被害を与えてしまった時に、オーナーに対して法律上の損害賠償責任を負った場合に費用を補償してくれる特約です。

 

また、オーナーとの契約により自分で修理した場合にもその費用を補償してくれます。

 

セコム安心マイホーム保険の割引にも注目

セコム安心マイホーム保険は、警備保障会社であるセコムが資本を出している損害保険会社であるセコム損保が販売しているので、ホームセキュリティにまつわる割引が充実しています。

 

そのほかにも、以下のような割引制度が揃っています。

 

①ホームセキュリティ割引

セコムが提供している、火災・盗難の危険を警備会社で常時監視している機械警備を導入している場合は、保険料が約17~37%割引となる制度です。

 

ただし、ホームセキュリティそのものを保険期間内に解約・解除したときは、残りの保険期間の追加保険料を支払うことになり、

この追加保険料の支払いを拒んだ場合は火災保険金が支払われないこともあります。

様々な割引がある

 

また、火災・盗難の両方ではなく、火災のみ・盗難のみの機械警備を導入している場合は割引率が低くなります。

 

②オール電化住宅割引

住宅内の空調や給湯、調理などすべての設備が電気で賄われている「オール電化住宅」の場合は、保険料が約7~17%割引となります。

 

だし、石油ストーブやガスヒーターなど電気以外のエネルギーを利用する暖房機器を使用しているときは割引適用の対象外となります。

 

③建物築浅割引

住宅の築年数が10年未満の場合は、建物部分の保険料が約1~10%割引になります。

 

住宅の築年数や保険期間によって割引率が異なり、家財部分の保険料は割引にはなりません。

 

④長期年払割引

保険期間が2~10年の契約で、保険料の払込方法を年払にした場合は、保険料が約6~10%割引になります。

 

割引を適用するためには、次年度以降の保険料を口座振替で支払うことになります。割引率は保険期間によって異なります。

 

割引率には幅があるのは、保険対象の所在地や建物の構造、補償プランや特約のセット状況などで変化するためです。契約時に不明点がある場合は、しっかりと説明を受けましょう。

 

セコム安心マイホーム保険の免責について

 

セコム安心マイホーム保険は、基本の補償内容に関わる被害が出たときに、自己負担する「免責金額」を設定することで、さらに掛け金を安くできます。

 

基本の補償の免責金額は、建物部分と家財部分の個別に適用でき、免責金額を「なし」にすることもできます。

 

セコム安心マイホーム保険の補償内容の「風災・雹災・雪災」による被害にだけ免責金額「10万円または20万円」を設定することも可能です。

また、基本の補償内容のすべての被害に「10万円または20万円」の免責金額を設定することもできます。

 

例えば、基本の補償内容の「風災・雹災・雪災」による被害にだけ免責金額「10万円」という設定をした場合に、台風により屋根が吹き飛び30万円の被害が出たとしましょう。

 

この場合は、免責金額の10万円を差し引いた20万円が保険金として支払われる仕組みです。

目先の掛け金よりも数年後の支払いの方が絶対にお得

 

しかし、普段の掛け金は安く抑えられるというメリットがあります。

 

ちなみに、火災保険の補償対象となる被害の修復に必要な費用が免責金額以下の場合は、保険金は支払われません。

 

上記の例でいうと、屋根の被害が8万円であれば、免責金額の10万円を下回っているため保険金はおりないということです。

 

セコム損保の火災保険の具体的なやり取りについて

カーポート抜け

カーポート抜け

セコム損保の火災保険を活用するときには、具体的にどのようなことが起こるのでしょうか。

まず、保険会社が被害の状況を見に来ることがあるのかという部分については、保険会社から派遣される鑑定人がやってくることがあります。

【火災保険申請ビジネスの闇暴きます】詐欺の手口!?申請代行サービスは本当に大丈夫なのか・・・

原則的には、被害状況の写真と修理費用の見積書によって保険金を算定しますが、被災状況の詳細な確認が必要な場合には、鑑定人が訪問することがあります。

また、緊急事態において火災保険の振込よりも先に修理が必要になる場合もあると思います。

そのような場合は、事前に被害状況がわかる写真を撮影してから、片付け・修理を行います。

セコムからの依頼の鑑定会社は経験が浅い屋根や同行などが多く、支払いが一気に高額であがった経験があるので現在だと中間の支払う火災保険会社です。

どの保険会社が台風で一番保険金おりるの? 投資家様からの多い質問にお答えいたします

被害を受けた箇所の写真を撮っておく

注意点として

  1. 「表札や建物名がわかる看板」
  2. 「物件全体の写真」
  3. 「被害を受けた箇所の写真」を揃える必要があります。

武蔵村山 草間様 風害 写真

加えて、セコム損保の火災保険も、基本的な補償内容は他社と変わりませんので、台風や大雨などの自然災害による被害は補償されますが、

経年劣化によるものは補償されません。

また、カーポートや塀などの被害については「建物」を補償対象にしている場合は保険金が支払われる可能性があります。

火災保険でリフォームを進めてくる会社は注意が必要

 

そして、火災保険を使って

リフォームができると業者から勧誘

されている場合は、悪徳業者の可能性があるので、保険会社に相談するまでは契約をしないようにしましょう。

火災保険請求相談センターでは様々な質問に対応しておりますのでまずはご相談お待ちしております。

画像をクリック!!

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

 

 

PAGE TOP