ブログ

【インスタ広告】火災保険申請サービスではじめてみた!データ報告!

インスタトップ画

【インスタ広告】を火災保険サービスで行ってみた

こんにちは!火災保険請求センターの営業兼広報担当です!!

突然ではありますが弊社は少し前よりビジネスアカウントで2つインスタのアカウント運用しています。

インスタトップ画

トップ画②

今はネットの中でもSNSの時代であり記事の拡散、サービスの拡散をしていくには必要不可欠だと思い運営をスタートしました。

様々なSNS媒体がありますが、被災箇所等の写真を載せる事で保険活用の具体的な個所がイメージしやすいため弊社の事業内容とも親和性が高いと感じインスタを選びました。

毎日記事更新と火災保険の承認情報などををUPしています。

インスタ広告をスタート!

今回その中でインスタの広告に挑戦してみました!

まだまだやり始めたばかりなのでデータとしては少ないですがどんな広告を出してどのような成果が出ているのかこのHPでも少しずつ経過報告を挙げていければと思いこの記事を作成した次第です。

金額も小額から可能です。インスタのアカウントをビジネスアカウントにすればインサイトの欄が設置され今までの投稿のものどれくらいどんな層に見られているのか分析できるようになります。

現状複数回少額でやっています。今リーチ先や着地の先を試行錯誤していますのでその具体的な結果をお見せします。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

第1回最低金額1000円で挑戦!フォロワー数のアップ!

まずフォロワー数を増やすため練習を兼ねて挑戦です。

着地点を自分のプロフィールと設定し、フォロワー獲得を目指しましたが残念ながらフォロワー獲得は叶わず1回目はそんなに成果が出ず・・・

インスタ広告

インスタ広告インスタ広告

第2回目新作記事を読んで欲しい!

1回目のものだとあまり、成果にならないと感じたので変更して挑戦です。

あくまで成果とは建物の診断への申し込みであり、プロフィールへの誘導ですとそのゴールからあまりにも遠いため

少し方向転換!今度は自信作の記事が作成できたのでそれを読んでもらうためのこのHPに誘導するという作戦を取ってみました。

結果としては1400円と以前より少ししか金額を挙げていませんが、サイトへのアクセスが28回と割と増えたことに驚きました。またアナリティクスで確認してもこの記事のアクセスは普段より着実に高かったため狙いとしては成功だった言えるでしょう。

また個人的な分析としては火災保険申請ビジネスの闇といったマイナスキーワードであったが故にインパクトは強くアクセスに至ったのではないかと思っています。

しかし28回のアクセスではまだアクセスにつながるわけもなく次の施策に移ります。

その時の掲載の記事も張っておきます!是非読んでください!

【火災保険申請ビジネスの闇暴きます】詐欺の手口!?申請代行サービスは本当に大丈夫なのか・・・

インスタ広告

インスタ広告

第3回目ランディングページから案件の獲得

これは今広告中のものなので途中報告になります。3回目は弊社のLPを作り、今回台風16号という台風が来たためその直のお客様への訴求の為の広告を打ちました。

インスタ広告は成果着地をウェブへの流入にした場合、そのサイト先は任意で変更可能です。

上記の2回目は会社のホームページに直で飛ぶようにしていましたが、それでは直接訴求にならないため下記のようなLPを作成し、直近で困っているお客様のニーズを獲得できるような広告にしました。

弊社LP:https://kasai-hoken-seikyu.com/lp/

現状まだわかりませんが、思っていたより反応は大きかったと印象を受けています。

こちらはまた進み次第の報告になります。

インスタ広告

インスタ広告インスタ広告

審査が通らない画像のあるらしい

当たり前ですがどんな投稿でも広告審査というものが設けられていて、下記のようなものは個人が特定できるものとされていて却下されているようです。

1回目インスタ広告

この投稿に関してはもともとの反応が良く、インスタ側から広告をオススメされていたのにもかかわらず落ちてしまいました(笑)

2回目に広告を上げたものも実は元画像は証明書をもとに作っているため専有面積の問題なのかもしれません。

インスタ広告途中経過まとめ

本当に短期間での報告なのであまり濃いものにはなっていませんがいかがだったでしょうか?

まだまだ改良の余地はいくらでもあります。

ぱっと思いつくだけでも下記のような改善方法はあるのでとにかくトライ&エラーで行っていければ考えてます。

 

・写真自体をもっとキャッチ―なものにする

・ターゲットの地域・年齢等を分析してピンポイントに流す

この記事は成果が出次第随時リライトしていく予定ですので。

是非とも宜しくお願いいたします。

それ以外の質問もお問い合わせフォームより承っていますので宜しくお願いいたします。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

 

PAGE TOP