ブログ

【火災保険で修理できるもの20選】台風被害を受けたらまずこの個所をチェック!

雨樋 被害

これから火災保険の申請の検討されている方へ

道路に飛散した木

2018年の大阪の大型の台風、その翌年には2019年の千葉の観測史上最大の台風と異常気象は年々増えています。
そのため、火災保険が火事だけでなく、台風などの被害でも使える事は少しずつ認知度は上がってきたように感じます。

火災保険申請の一番難しいところは申請主義という点です。
申請主義とはどういう事かというと勘違いされている方も多いですが、自身で保険申請を行う場合、業者の選定・見積もりの依頼箇所は被保険者自らが行います。

保険会社の審査はあくまでもこの見積もりに対して行われるため、その後別の被害が見つかった際には追加申請を行う事は可能ですが事故直後の方が保険が承認されやすい傾向にあります。

少しでも損しないため、この記事では火災保険の保険が今まで承認された箇所を完全網羅します!

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険の使える範囲は思っているより広い!?

ウッドデッキ風害被害

まず具体例をお見せする前にまずは補償内容を確認しましょう!
民間の保険の場合、建物だけでなく敷地内に保険が適用されます。

その為敷地内のカーポート・フェンス・ポスト・太陽光パネルなどにも適用可能です。
火災保険の証券に『門扉を含む』など記載がある場合も多いです。
では具体的な保険承認箇所を見ていきましょう!

屋根上の被害箇所

まずは強風の影響を受けやすい屋根の被害箇所を抑えていきましょう。

①瓦の割れ・クラック被害

瓦被害事例

強風に煽られて割れてしまったり、飛来物が当たって被害を受ける事が多いです。
場合によっては隣の家の瓦が飛んで自宅の屋根が割れてしまったという被害もありますが、一般的にはその際も自身で加入している火災保険で賄います。

②瓦のズレ

袖瓦の破損 瓦が落ちたら人的被害が

強風で煽られた影響でずれてしまったケースです。
和瓦など強度の強い瓦にこのような被害はよく見られます。
一部の欠けとは異なり広範囲で雨水の侵入が考えられますので応急措置など早急な対応が必要です。

③棟板金(棟瓦)の被害

棟板金 被害

屋根の天辺の部分が棟です。瓦の種類によって、板金が取り付けられている場合と瓦で作られている場合があります。
特に板金が取り付けている場合は風での浮きが出やすく、雨漏りもしやすい箇所であるため台風直後は必ず確認しましょう!
また本体は浮いておらず釘のみが浮いている場合でも申請は有効です。

棟 釘浮き

④軒樋の変形

雪で勾配が変わってしまった軒樋

軒樋の被害は主な原因は以前は雪の影響が多いとされていましたが、近年の大型の台風では軒樋の被害も確認され保険が承認されています。また軒樋被害の際には、それに伴う集水器も確認しましょう。

集水器 破損

➄アンテナ被害

アンテナ破損

意外と見落としがちなのでアンテナがずれていないか確認しましょう。一部が傾いている場合でも倒れて瓦が割れてしまったり、落下する事もあるので大変危険です。
屋根のチェックを依頼する際は合わせて確認してもらいましょう!

外装の被害

次に屋根以外の被害を確認していきます!
この個所は屋根に上らずに確認できるので、台風後はセルフチェックする事が大事です。

⑥竪樋の被害

ぶつかったたてとい

風に煽られて割れてしまうケースや煽られて曲がって歪んで宇しまっているケースがあります。
また割れていれば確認は容易ですが、歪んでいることを確認するため下から平行に確認してみましょう!

竪樋の歪み

⑦外壁の被害

外壁の衝突痕

タイル破損

外壁に関しては外壁材によっても様々ですが、主な被害としては台風による飛来物の被害です。特にタイル等の場合は一部分かけてしまったり抜けている被害があったりします。
またクラックの被害が見つかることも多いですが、主な原因は地震のため地震保険に加入していない場合は申請が難しいです。

地震被害の申請は以前の記事を参考にしてください。

【関連記事】

三郷市 クラック

⑧ドアの被害

受付ドア 衝突

普段使っているドアもしっかり確認しましょう!
またドアの歪みは地震での可能性が高く、風災での承認は難しい場合が多いです。

⑨水切り板金の凹み

水切り板金 被害

台風の飛来物で被害を受ける部分です。
また自転車の衝突・玄関の付近だとドアが当たってしまって凹んでしまうケースもありますが、火災保険の補償では衝突の内容も含まれているためそれ以外の原因をしっかり伝え申請しましょう!

⑩網戸・戸袋の被害

戸袋 

衝突痕や網戸の外れなどの被害があります。網戸等は生活に密接している個所の為気づいている方も多いですがあくまでも申請主義の為、漏れのないようにしましょう。

⑪軒天の被害

軒天破損

軒天のボードは被害を受けやすく、一か所被害を受けていると広がりやすい箇所でもあるため、早期発見が重要です。

⑫コーキングの剥がれ

外壁 コーキング

外壁のコーキング部も確認しましょう。
全体的にボロボロになっているような劣化による被害でない場合、保険申請が可能なケースがあります。

建物以外の被災個所

敷地内に保険が掛かっているため、敷地内のものであれば申請対象になります!

⑬フェンスの被害

フェンス破損

被害としては写真のように縦格子が抜けていたり、中には一部だけ湾曲している場合もあるため、正面からではなく横から平行に確認してみると意外と被害が見つかることも少なくありません。

フェンス 曲がり

⑭門扉の被害

アコーディオン門扉

一部が飛んでしまったり、また風にあおられる被害の場合、見た目に変化はなくても歪んでしまっていて開閉がスムーズにいかなくなってしまうケースもあります。

またこういった申請の際は交換ではなくあくまでも原状復帰工事ですので、修繕の見積もりを出した方が承認率は上がります。

⑮太陽光パネル

太陽光パネル

太陽光は別で動産保険をかけている場合もありますが、自然災害で壊れた場合は火災保険でも対応可能です。
また、衝突などにも対応しているため近所からボールが飛んできて割れてしまったといったようなケースでも保険適用範囲です。

⑯ウッドデッキの破損

ウッドデッキ風害被害

こちらも敷地内被害の為、通常通り保険申請可能箇所です。

⑰カーポート被害

カーポート飛来物被害

カーポートの屋根部に使われているポリカはあまり耐久値の高い素材ではないため、台風による飛来物やパネル自体が飛んでしまう事があります。

内部被害の紹介

家財保険に加入していない場合でも、クロスや天井などの被害は火災保険で活用できるケースもあります。

⑱雨漏り被害

台風は風だけではなく基本的には雨も伴って起こるため、雨漏りが発生して初めて外部の被害が見つかったというケースも少なくありません。
また雨漏りは原因特定が難しいため火災保険の風害の被害に結び付けられないと実害が起こっているにも関わらず保険が承認されなかったという場合もあります。

修繕に必要な工事費用も認められる!?

保険は原状復帰を賄う保険のため、被災した場所を直すための費用が認められます。
見る箇所という部分とは少しずれますが、番外編としてご紹介します。

⑲足場の費用

メッシュシート付きの足場

高所作業の足場は法律として定められており、屋根まわりの工事の為の足場代は当然承認されます。
また安全対策のメッシュシート等も足場と同じく認められます。

⑳養生費

土嚢

緊急の養生費も認められます。
また領収書などがしっかり残っている場合であれば、別の業者で工事見積もりを作っていたとしても養生費が別で認められますので、緊急時で養生をしてもらった場合でも必ず領収書等は残しておきましょう。

専門業者に頼むことで漏れない申請を!

証明書

火災保険請求相談センターでは全国で5000件以上の実績があり、保険申請箇所を専門スタッフが必ず調査・見積もり作成を行います。

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

 

見積もりの作り方・写真の撮り方で保険の承認金額は大きく変わってしまうものですので、自分で申請箇所を確認しきれない・そういった業者が見つからないといった場合はご検討してみてはいかがでしょうか?

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、

家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

東京都小平市周辺でも2021年2月13日の地震被害はあり、2022年の3月16日でも2回目の保険認定などもノウハウです。

 

関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。

損はさせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP