ブログ

火災保険請求窓口 Hubs株式会社の評判は!? 越谷市に構える火災保険請求事業者

瓦の飛散

公開日:2021年1月12日

【火災保険申請】などで検索して、広告を出している会社の実態が知りたいです。

という問い合わせを頂き様々な同業者様とやりとりや事業提携をしている株式会社 火災保険請求相談センターが説明をしていきますので是非このHPをお気に入り登録お願い申し上げます。

火災保険請求相談センターとは?

建物診断と火災保険の活用を推進しております。

自然災害での被害を自覚されている方、過去3年以内に被害の工事を行った方はご相談ください。

火災保険金が受け取れる可能性があります。

建物を診断後、火災保険が認められない場合、お客様から費用をいただいておりません。

※一部地域は対象外の場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

【2021年では200件以上の建物調査を行い 93%以上の確率で平均120万円の火災保険金・地震保険金】が受給できました。

※被害自覚なくても無料点検オススメします

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

火災保険請求窓口 Hubs株式会社の評判は!? 越谷市に構える火災保険請求事業者

 

火災保険 申請でGoogle検索をしたところ、リグティング広告で出てきました。

火災保険請求窓口 Hubs株式会社の概要

Hubs株式会社
〒343-0821
埼玉県越谷市瓦曽根二丁目5番84号
048-918-1521
info@hubs-inc.co.jp

越谷市に拠点を構えておりますが、関東の1都3県対応とのことです。

2021年06月22日に株式会社として設立しておりました。

同業者からみた火災保険請求窓口 Hubs株式会社のメリット・デメリット

 

同じ仕事をしているからこそ見えてくることがあります。

コンビニの戦略でも、売れた地域の近くに出店することで売上が半分ずつにはならずに1.4倍になるなどすべての仕事が【競争】にはならないときがあります。

株式会社 火災保険請求相談センターでは、他の会社様での営業戦略や事業戦略を少しでも良いところは真似していき

火災保険・地震保険を掛けている方に少しでも有料な情報をお届けしていきます。

火災保険請求窓口 Hubs株式会社のメリット

LPのHPを見て、最初に感じたのは【給付までの期間】をしっかりと明記している点です。

他の会社と比べると早い方です。 30日から40日で給付されている会社は早々ありません。

特に全国対応!とうたっているだと、その地域での協力業者に依頼するか出張になるので件数が増えればふえるほど、この【給付期間】が伸びてしまいます。

どんなツールよりも担当者の意識が重要

株式会社 火災保険請求相談センターでは5000件の請求件数を元に火災保険請求・地震保険請求をお手伝いしてきましたがこのサービスは【属人性】が高いサービスです。

※属人性とは

企業などにおいて、ある業務を特定のが担当し、そのにしかやり方が分からない状態になることを意味する表現。 多くの場合批判的に用いられ、誰にでも分かるように、マニュアルの作成などにより「標準化」するべきだとされることが多い。

Hubs株式会社様とはまだ商談も情報共有もしてないので顧客担当者様のフローは不明ですが

他の会社でも、サイボーズやセールスフォースを活用して、顧客管理をしているところがありますが正直マニュアル化をすればするほど、顧客満足度は下がっていくと思っております。

理由としては

  • 保険の事故請求のエビデンスが重要になる
  • 建築知識+説得力のある報告書+鑑定人交渉能力が求められる
  • 営業戦略と対面営業の両方の実力が必要
  • 長期的な人脈関係の構築は結果が全て
  • 会社の投資部分が顧客対応にかかわってくる

だからです。

どのお客様が一番保険金がおりやすいかを多方面から営業できなくては売上はあがりませんし。

営業が出来ても、建築知識がないと怪しまれて消費者センターに行かせて東京都八王子市のジェネシスジャパンの様に提訴されてしまいます。

法律としては間違ってなくても、お互い人間なので【落としどころ】がわかる会社に任せないといけません。

【給付までの期間】が乗っている火災保険請求窓口 Hubs株式会社は【お客様目線】の会社の可能性が高いです。

火災保険申請は詐欺?かもとミヤネ屋のニュースになりました。こちらも読んでください。

【ミヤネ屋の火災保険不正請求】を解説!本当の情報をご覧ください

プロがプロであるゆえん

同業者様との差別化はやはり保険金の受給金額の高さと、投資家様や地主様・個人の一軒家のお客様のリピーター率が火災保険請求相談センターでは高く勝っているところだと自負しております。

グーグルマップで過去の損傷から報告書の質を高め、単価の適正さを説き、鑑定会社の大きさにより、見解書を準備していくなど実績から基づいたプロがプロでありつづけるゆえんは細かいところにも気がつくかどうかです。

お問い合わせお待ちしております

火災保険請求窓口 Hubs株式会社のデメリット

他の会社もそうですが、広告での一過性の売上に執着をしずきていると感じます。

Hubs株式会社のHP メンテナンス中

2022年1月12日現在HPがメンテナンス中となっております、昨今ネットリテラシーが高くなっている中で、広告だけに力を入れていると不信感が出てきて問い合わせ率(CV)が変わってきます。 ※長期的にみて売上が下がってしまうのでもったいないです

火災保険請求相談センターへの問い合わせはこちらの画像をクリック!毎日記事更新しております。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休】

【24時間メール対応中!年中無休!】

広告は一過性である

当たり前ですが、広告は出さなくなると表示されません。 常にお金を投資しつづけなければなりません。

その反面、弊社のような記事コンテンツは2022年も2023年も集客が放っておいても増えていきます。

毎日Googleのクローラーが見に来ますし、HPの力(ドメインパワー)もあがりますし、SNSでの拡散も増えていきます。

地道に勝もの無しとこの事業では【続けば最強の集客がSEO】と火災保険請求相談センターでは長年の経験から感じております。

排水口 火災保険申請

どんな相談でもお待ちしております

今までに問い合わせ頂いた内容は様々です。

  • 0円と言われたから交渉して欲しい
  • 調査した会社が瓦を壊したかも?と近所の人に言われた
  • 法人化するに伴い事業を増やしたい
  • 塗装会社として営業ツールにしたい
  • 全国にある協会に属しているので紹介するので【紹介料】がほしい

などなど。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

 

記事監修:矢島 弘子


火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

神奈川県相模原市周辺でも2021年10月7日の地震被害はあり、

関東圏であればどこでも無料点検はすぐにご依頼ください。損はさせません。

 

PAGE TOP