ブログ

千葉県富津市 突風被害(竜巻)で火災保険請求相談があり。養生即日対応しました。

瓦の飛散

2021年11月9日に千葉県富津市でいきなり突風がふき住宅被害がありました。

気象庁のみたてでは【竜巻】ではないかとの見解で放送されておりました。

加入している火災保険で請求をあげれば損害部位が保険金として受け取れます。

プロが申請協力した方が降りることをこの記事でお伝えいたします。

火災保険請求相談センターでは養生即日対応を台風時期でも行っておりましたので

ブルーシートや土嚢の準備や職人さん手配は万全ですので是非富津市損害以外のお客様もお問い合わせください。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

お問い合わせは上記画像からクリックを!!

千葉県富津市 突風被害(竜巻)で火災保険請求相談があり。養生即日対応しました。

 

【台風で家が壊れた!?】無料応急処置のご案内とお金を生む火災保険の手続き 

台風時期になると相談が一気に通常月よりも50倍~200倍に弊社のHPへのアクセスが増加致しますが。

2018年の大阪では、東京から【瓦を葺ける職人ならいくらでも日当を出す】と言われたほどで、お客様の安心を買うのが第一優先と感じました。

下地の野地板やルーフィングまでやられてなければ雨漏りがすぐにする訳ではないと説明をしても心配は心配なので【養生】をすぐに行う提案をしてきます。

2019年の千葉の台風ではこの養生を逆手にとって県外の業者がブルーシート詐欺を行い社会問題になりました。

施主様の話では、金額を聞いても作業が終わるまではなんの話もしないで話をそらされたみたいです。

袖瓦応急処置

袖瓦応急処置

心配であれば一筆もらった方が良い

なぜ養生やブルーシートを無料で行えるかと言いますと【安い】からです。

ブルーシート 値段 - Google 検索-01

ネット検索でもすぐに出てきますが、数千円です。

あとは現場の職人さんの手間賃を含めてが養生や応急処置にかかる金額です。

よくHPで御見積無料とうたっている工務店さんが多いのですが、10件見積もりを出すと何件は最低でも成約して平均単価いくらの工事かで年間の事業計画をたてます。

事業計画を元に、一軒家以外の大型物件を営業するのかを親方(経営者)が決めますので戸建て対応している会社ですと見積もり無料も養生無料もさほど変わりません。

それでも本当に無料か心配であれば一筆書面を交わすなど法的に効力があるやり方も一つです。

弊社でも懸念点があるお客様であれば【覚書】や【契約書】の文言をお客様と打ち合わせし弁護士にリーガルチャックをしてもらい提携をするケースもありました。

火災保険請求は慣れている会社でないと損をします

門扉 認定 保険部位 火災保険請求の画像

1000万円超えA? 高額認定台風申請サポート

1000万円超えA? 高額認定台風申請サポート

台風14号 雨漏り認定 火災保険

台風 雨漏り認定

 

火災保険請求は慣れている会社に依頼をしないと損をします。 吹き飛んだ瓦の交換枚数だけの損失であればいいのですが、

その他の申請部位も知らないで進めている会社が多いのでご注意ください。

他の会社が知らない珍しい申請箇所その1:室内の申請

  • クロスのひび割れ
  • クロスの破損(衝突)
  • 障子やぶれ
  • 洗面台の水漏れ
  • トイレの破損・汚損

家財保険に加入してなくても上記は火災保険適用事例です。

他の会社が知らない珍しい申請箇所その2:水切りの申請

  • 外壁と基礎部の水切り
  • 下屋根と外壁の取り合い部の水切り(雨押え)
  • 谷板金

他の会社が知らない珍しい申請箇所その3:その他の申請

  • 換気扇カバー
  • エアコンホースカバー
  • 帯板
  • 門扉・門塀
  • ポスト

突風結果が出ましたら記事更新します

突発的で明らかな災害の場合、1か月前後で結果が出ます。

その結果をまた記事にしていきますので、火災保険請求相談センターのサイトをお気に入り登録お願い致します。

千葉県以外も対応可能

火災保険申請 営業資料

火災保険申請 営業資料

千葉県以外も群馬県・茨城県・栃木県を含めた北関東は即日対応。

その他の全国のエリアでも棟数と建物の規模によっては対応可能です。

関西エリアは提携業者様がおりますので地震請求・火災保険請求のご相談お待ちしております。

【TEL問い合わせ7:00~20:00年中無休タップで電話できます!

【24時間メール対応中!年中無休!タップでお問合せフォームへ

記事監修:矢島 弘子

火災保険請求・地震保険請求アドバイス業務に従事。年間200棟の調査を13年間継続して行い、建物調査後の損害鑑定人との立ち合いや交渉も行っている。外部の敷地内の申請はもちろん室内の汚損・破損の申請や給排水設備の申請も得意とし、家財保険かけている方が知らないスーツのアドバイスなども行っている

1か月に1回は出張があり、2021年は大阪・兵庫・愛知・静岡・秋田・青森・鹿児島・熊本・佐賀・福岡・大分でも災害請求のお手伝いを行っている

PAGE TOP